川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

家庭内のリアル

 

これは、自分自身が親という立場になってみないと本当の意味での理解はできないと思っている。

 

想像はできるだろうけどね。

 

我が子の成長

我が子の知育

我が子の挫折

我が子の受験

 

 

どうだろう。

 

多分、

 

成長

知育

挫折

受験

 

こういう言葉は誰でもわかるし、それぞれに必要なことや大切なことも分かるだろう。

 

書籍や記事はどこにでもあるしね。

 

例えば塾や学校の先生からも

 

成長や挫折、受験に関してさまざまな情報が出てくるし、その考え方もスッと頭に染み込んでくるのだと思う。

 

しかし

 

それらの前に「我が子の」をつけると世界が変わるのだ。

 

 

我が子の成長

我が子の知育

我が子の挫折

我が子の受験

 

 

 

頭ではわかっているはずなのに、「我が子の」ことになると考え方の根幹すら揺らぐ気もする。

 

 

そうじゃない?

 

幼児の成長には個人差があるよね?

 

そんなことは百も承知だよね?

 

 

でも、「我が子の成長」に関してはどんな気持ちになった?

 

 

他の子より早く寝返りをうつ

他の子より立てるのが遅い

 

「我が子の」ことになると、親というものはブレにブレてブレる笑

 

もう、ブレブレなんだよ。

 

 

そういうもんなんだよ。

 

 

いくら塾や学校の先生に正論めいたことを言われてもね

 

ブレるんだよ。

 

 

そんな時に必要なのはね、

 

 

「ブレちゃダメです」

 

って言う言葉の後に

 

「でも、それでもブレちゃいますよね笑」

 

その言葉ね。

 

 

だって、ブレちゃうんだから。

 

 

松江塾の保護者の方々も、実はブレブレよ?笑

 

でも、それで良いんだって。

 

 

ブレてどうにもならなくなったら僕にLINEしてくれるしね。

 

 

毎年、秋が深まってくると凛とした空気で自学している生徒達の向こう側で

 

僕と保護者の方々とのLINEバトルが始まる。

 

 

僕も怒られるし、僕も怒る。

 

そうやってギャーギャー言い合いながら我が子にぶつけたいイラつきを発散してるんだ。

 

 

僕も親だし、受験生の親も経験済みだからね

 

 

家庭内のリアル

受験生の親のリアル

 

全て実体験として聞けるし、理解できるし、共感できるし、注意もできる。

 

 

大学生の頃、よく行っていたカフェのオーナー女性が常に言ってた言葉

 

 

「男はね、経験してる奴が圧勝するよ」

 

 

今でも僕の柱の一本になってるんだ。