川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

「考える」とは

 

松江塾の英語は、「翻訳できる力」を養うものではない。

 

最終的にそれはできるようにはなるが、

 

その前に「ルールを知る」「構造を把握する」

 

そういったことを通して、全科目に通用するような「思考力」を身につけてもらいたいんだ。

 

昨日の小6では

 

「彼は誰と納豆を食べますか?」

 

という文章を扱った。

 

ここからしばらくは

 

be動詞

一般動詞

助動詞

 

のルールの徹底と、

 

前置詞

疑問詞

 

への馴染みを主眼にした授業を行う。

 

まず目の前の日本文を見て、その内容から「動詞」を識別する。

 

そしたら、その文の順番をルール通りに組み立て、

 

そしてそこからルール通りに文を変えていく。

 

見て、判断して、ルール通り手順を踏む。

 

これが子供達が触れる「勉強」というものにおける「考える」ということなのた。