川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

ちょっとの差なんだ

 

算数が嫌いになる小学生

 

理由はいろいろあるだろうが

 

「計算がちょっと遅い」

 

もうこれだけで自信がなくなり、自然と嫌いになる方向に進み始めると思うんだ。

 

親から見て、それほど思考停止になるほど遅くなくても、

 

学校の教室では「終わったら手を挙げる」なんていう機会は多いからね。

 

友達の手がどんどん挙がると、

 

焦るし、凹むし。

 

するとそのうち「算数嫌いだから」なんて、自己防衛の言葉を発するようになるんだ。

 

今、プレの子達が「九九」の音読に挑んでいる。

 

小3はすでに学校で九九を終えているが

 

暗唱で上り下りをやってもらうと、一番速い子と遅い子では1分半くらいのタイム差がある。

 

「ゆっくりでもじっくり正確に言えれば良い」

 

という考え方は、「教室」という空間を知らないか、もしくは忘れた親の意見。

 

子供たちは大人よりも如実に「競争」に興味があるし、その結果を残酷に突きつける。

 

それを否定しても何も変わらない。

 

やるべきなのは、

 

「教室」という空間で自信を持てるように育てること。

 

これだろう。