川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

ひ、ひまだ…

 

今日はもう、聴く音読がない…

 

ちょっとマニアックな話になって申し訳ないのだが

 

あまりに上手い音読であれば2回聴くこともあるのだが

 

ほとんどは一回しか聴かない。

 

僕が一番楽しいと感じる瞬間は

 

生徒から送られてきた音読音源を再生する瞬間なのだ。

 

本人達は自覚してないと思うが

 

その日の気分や体調が声に投影されるんだ。

 

例えば夕方に提出される音読

 

学校で何か楽しいことがあったんだな、とか

 

例えば夜遅くに提出される音読

 

親に怒られてしぶしぶ読んでるんだろうな、とか

 

安定の高さや声の圧の強弱

 

出だしの一分くらいから感じられる

 

「その生徒のその瞬間の気持ち」

 

というものが声に乗るんだ。

 

 

あー

 

読んでる人が引いていくのがよく分かるー

 

 

「なんでニヤニヤしてるの?」

 

 

と、我が天使な奥様に突っ込まれるのも、

 

大体この出だしの数分間だからね。

 

 

そこから数分間はほとんど頭にも入らないような聞き流しが続き、

 

8分くらい経過した時

 

ここにも感動ポイントがあるんだよ。

 

 

もう、読んでる人の興味が全くないのは自覚できてるが

 

ここは音読マニアとして書いておきたい!

 

 

あのね

 

8分から10分くらい音読を続けてるとね

 

明らかにその生徒の全意識が教科書の文字に注がれてるのがよく分かるんだよね。

 

 

ゾーンに入ってる、みたいな?

 

多分リビング

 

多分自室

 

どこで読んでるかは分からないけど、

 

その子はもう周りなんて全く見てないし、気になってない。

 

そんな超集中状態の時間も

 

これまた聞いてて最高に楽しい時間なのである。

 

だからね、

 

ぶちぶち短く切り刻んだ音読は…

 

 

嫌いなんだよね♫

 

 

さて、そろそろプレの子達の音読提出が始まる時間だ。

 

今日のプレ音読は今書いたような音読ではない笑

 

全く別物。

 

 

しかし

 

とてつもなく熱い音読なはずである!

 

 

 

楽しみだ!