川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

3人辞めて5人が入る塾

 

松江塾はとても退塾の多い塾である。

 

どの学年も年間に2人はやめていく。

 

これに関しては僕も信念を持っている。

 

塾は「人」である。

 

仕組みやカリキュラムが生徒を伸ばすのではなく、

 

人が人に影響や感動を与え、伸ばしていく場所なのである。

 

であるならば

 

想像してもらいたい。

 

全員からモテる人

 

全員の告白を受け入れる人

 

今まで見たことがあるだろうか。

 

人と人には絶対に「相性」というものがある。

 

合う人と合わない人

 

これは絶対にあるのだ。

 

ありがたいことに、松江塾は開塾以来ずっと生徒数が増えている。

 

題名にも書いたように、3人辞めると5人が入塾してくれるような

 

そんな流れでやってきた塾である。

 

僕は性格がねじ曲がっているので、

 

誰かが辞めていくと、その辞めた子が欲しかったであろう仕組みを作り出す。

 

性格悪いでしょ?笑

 

でもそうやって松江塾は毎年進化している塾なのである。

 

これは僕固有の思考回路なのかもしれないね。

 

だって、退塾は悔しいじゃん。

 

くそーー!!!何が足りなかったんだ!!!!!

 

って考えに考えるわけでしょ。

 

んで、気がつく。

 

「そうか!あの子はこれが欲しかったに違いない!これさえあれば辞めることはなかったんだ!」

 

そう思って、すぐに実行する。

 

人の行動の理由にはいろいろあるだろうが、

 

「塾運営」に関しては、僕は「悔しさ」を原動力にしているんだと思う。

 

いや、間違いなくそうなんだろうね。

 

今後松江塾が衰退していくことがあるとすれば、

 

それは、「来てくれる生徒全員に好かれよう!」と考え始めた時だと思う。

 

 

出会う人全員に好かれようとする男。

 

正直、僕には無理だ。

 

 

無理なんだけど、拒否された時は悔しいから改善をしていく笑

 

ねじ曲がってるでしょー

 

扱いづらいでしょー

 

 

でも、それが松江塾なんだから、仕方がないさね。

 

 

さね。