川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

上位と下位の決定的な違い

 

メンタルとか欲とか、親の力とか

 

そういう話ではなく、

 

僕が実際に生徒達を見ていて分かる「勉強のやり方」を書いておく。

 

どんな教材を使っているか、とかそういうことに関係なく

 

アウトプットに使っている時間の割合

 

まず何よりもこれが絶対的に違う。

 

アウトプット

 

つまり、「自分の脳内に入っている知識を引き出す勉強」

 

これね。

 

上位の子達は1時間あったとしたら、多分55分くらいは問題を解いている。

 

つまり、勉強時間のほとんどをアウトプットに使ってるんだ。

 

そして下位の子達はその逆。

 

教科書を眺めたり、教科書の文を読んで重要語句をノートに「転記」したり。

 

本人は目と脳を使っていると思っているのだが、

 

結局、「自分の頭の中に入っているものを引き出す」

 

ということはやってないんだよね。

 

 

ちょっと具体的に考えてみれば、その違いがどれだけ大きいか分かると思うよ。

 

そうだな。

 

 

例えば鬼滅の刃

 

映画観た?

 

 

映画館に行って、椅子に座って最後まで観る

 

ストーリーは頭に入るし、感動もするだろうね。

 

これで鬼滅の刃が頭に入ったと思うのが「下位の子」

 

 

その後、「どうだった?」「どんな話だったの?」と親に聞かれ

 

その観てみたストーリーをなるべく親にも伝わるように、

 

もちろんその感動ポイントまで伝わるように必死に話すのが「上位の子」

 

 

 

分かる?

 

とてつもない差がつく理由、分かるでしょ?