川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

中3、「精読」から見えるもの

 

中3文系は毎日毎日、入試の英語長文の「精読」をやっている。

 

以前は僕がスラッシュを切ってあげたものでやっていたが、

 

ここ数回はスラッシュも自分で切って精読、というスタイルをとっている。

 

授業内で終わらないので、その精読はLINEで画像提出をしてもらい、

 

その提出者は中3の学年LINEに名前を貼り出す形にしている。

 

授業中には文の構造が分からなかったり、切りどころが分からないという質問に

 

ホワイドボードに英文を書いて解説をしているのだが、

 

ここ最近、少しずつその質問も減ってきているんだよね。

 

 

 

 

で、だ。

 

 

みんなが出してくれた精読

 

スマホに画像提出してくれるので、どこにいても添削ができるのだが

 

今の時点での「和訳力」の差がはっきりと分かる。

 

 

すでに高校入試は軽く突破できるレベルの子達は、

 

スラ訳を読んでいても、内容をきっちり理解できていることが分かる。

 

それに対し、スラッシュの中だけを和訳し、その繋がりがムチャクチャな子もいるんだよね。

 

つまり、本人が「文」として内容を理解していないってことね。

 

これは英語力ではなく、国語力の問題なんだよね。

 

 

でも、まだ5月。

 

この時点でこれだけ読めるのは素晴らしいんだけどね。