川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

高校生になっても

 

今年の高1から

 

松江塾高校部は進化を遂げた。

 

「保護者、生徒、僕とAKR

 

この全員が入ったグループが、そのまま「高1グループ」として存在している!

 

この仕組みがどうやら無敵な感じになっている。

 

今朝、このグループに書いたメッセージ

 

 

【その1】

 

課題テスト
定期考査
校内実力テスト
校外模試

そういう類のテスト結果は逐一報告すること!

勉強時間報告やテスト結果報告は、必ず自分の3年後の進路にプラスに働くから!

面倒くさかろうとも、悪くて報告しにくかろうが関係ない!

 

 

【その2】

 

今回の課題テスト、結果の悪かった者はここから中間考査まで「人生最大の努力」をしなければならない。

高校での順位は、テストの回数を重ねる度に「固定化」の硬さが増していく。

上の学年の子達を見ていると、1年の夏の段階でほぼ3年間の順位は決まる。

つまり

1年の夏で進学していく大学のレベルが決まる。

つまり

1年の夏でその後の人生のある程度が決まる。

 

ここから多くの高校生が

新しい友達との楽しい毎日
部活での忙しくも新鮮な日々

これらの大きな渦に巻き込まれていく。

それらは高校生活の大きな柱の一つであり、否定はしない。

しかし

大学進学という観点からは100%足枷であることは間違いない。

その足枷を己の意志の力で引っ張りながら前に進んでいこう。


繰り返す。


1年の夏までの位置が、高2の時も高3の時も続くのである。

 

 

【その3】

 

塾内秘

 

【その4】

 

高2の最後まで、まだまだ時間があると思うだろう。

しかし

高校生活は中学の2倍、3倍の速度で進んでいく。

大袈裟ではなく、「一瞬」である。

高1の夏まで

あと3ヶ月。

中間考査
期末考査

もう、中間考査に向けて本気の爆裂をスタートさせないと

全くもって間に合わないから。

頑張れ高1。

今ならまだ、全員の道は東大にだって続いてるんだ。

その「自分の可能性」を現実のものにできるのは自分だけなのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松江塾高校部は、3年間完全無料。

 

お金払ってないのに、僕らは口を出す。

 

成績提出も強制する。

 

 

何でこの仕組みが出来上がったのかは

 

もう今さらどうでもいい。

 

 

とにかく、みんなで大学受験まで突き進む。