川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

高校に行くのに高校での練習をしない

例えばテニス。

 

高校で取り組むのは「硬式テニス」だ。

 

ボールはあの黄色いやつで、ラケットも大きい。

 

フォアとバックは同じ面を使う。

 

でも、中学では「軟式テニス」をやる。

 

ボールはプニプニのもので、ラケットも違うし、両面を使う。

 

同じテニスだと思っていると、その違いは想像以上に大きいのではないか。

 

 

 

これ、勉強においてはもっとその違いは大きい。

 

「同じ数学でしょ?」

 

「英語は単語が増えるだけでしょ?」

 

そんな感覚で進んでいくと

 

あっという間に撃沈だ。

 

大袈裟でもなんでもなく。

 

 

 

 

高校入試は軟式テニスで行われるから、

 

軟式テニスの練習に心血を注ぐのは理解できる。

 

しかし

 

「高校に行ったら硬式テニスになるんだよ」

 

という知識は持たせておくべきだ。

 

それを

 

軟式テニスさえできればいいのだ!」

 

と言い、硬式テニスの存在を全く伝えないまま

 

「あとは頑張って!」

 

と送り出すことは

 

指導者としてどうかと思う。

 

まあ、「高校に受かりさえすればいい」と考える生徒も親もいるから

 

需要と供給は成り立ってるんだろうけどね。