川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

ほら、ルール通りじゃん

 

昨日の中1

 

授業の最後には

 

「あなたはいつ英語を勉強することができますか」

 

という英文を自力で作るところまで行けた。

 

疑問詞は「何度も言って覚える」

 

という指導がなされることが多いが

 

一体、いくつの文を覚えるの?笑

 

 

そうじゃないと思うんだよね。

 

 

「文の作り方のルール」

 

これを1つだけ、しっかり覚えて使えるようにしてしまうこと

 

それだけで、次にどんな疑問詞が登場しても

 

「あー、疑問詞ね。まあ、同じだよね♬」

 

こうやってルールが完璧なら、英語はどんどん楽になる。

 

 

新しい英語の教科書

 

もう確信していることだが、

 

中学の授業は「小学校で2年間も英語を学んできたよね?」

 

という前提で進む。

 

「単語?あー、小学校で何百個もやったよね?読めて意味が分かって書けるよね!!」

 

この感覚である。

 

実態は

 

「何も分かってない」

 

フォニックスすら知らない」

 

「be動詞?一般動詞?なにそれー」

 

こんな感じなのにね。

 

 

ここまで中1は、

 

 

①日本文を舐めるように読む

 

②何動詞の文なのかを識別

 

③ルール通りの肯定文の語順に「日本語で」並べ替える。

 

④それを英単語に変換

 

⑤疑問文や否定文に変える

 

これを徹底してきた。

 

 

それをみっちりやった上で初めて「疑問詞」のルールを乗せる。

 

 

まだまだ不安要素は残っているが

 

今在籍している子達は、なんとか「初学の壁」を突破できたかもね。

 

 

 

うちの子は英検三級、準二級持ってるから安心?

 

 

 

 

 

 

スッカスカよ?

 

 

 

てか、当の本人が「不安だらけ」なの分かってる?

 

 

 

分かってるはずのことに「理屈」と「理解」を乗せて初めて、

 

本人が自信を持てるようになるんだよ。

 

 

 

よ。