川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

「もったいないな」と感じる瞬間

 

小学生の子で

 

「あー、この子は賢いな」

 

と感じる子がいたとする。

 

明らかに持ってるエンジンがデカい。

 

もしサーキットコースに行ったとしたら

 

それこそトップでチェッカーブラックをトップで振られるようなポテンシャル。

 

それなのに

 

授業を目で聞いてない

 

それゆえ、笑顔が少ない。

 

ペナテストに対する家での勉強ができていない。

 

 

 

とてももったいないと感じる。

 

 

アクセルを力強く踏んで

 

ハンドルを握りしめ、

 

コースのその先を見つめれば

 

必ず全てがワクワクする世界に行けるのに。

 

 

 

 

特に小学生の場合、授業日数が少ない。

 

僕らにできることは限られてしまう。

 

 

親の意識と行動を変えることが肝だと思うのだが

 

 

これがなかなか難しい。

 

 

そうこうしているうちに時間は経ち

 

 

負の蓄積は大きくなってしまう。

 

 

 

非常にもったいないことである。