川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

必要なのは「覚悟」である

 

東大だろうが、公立トップ高校だろうが

 

そこに到達するために必要なのは

 

「覚悟」

 

である。

 

生徒本人の覚悟とは

 

目標を見据え、そこに到達するレベルからの逆算で

 

「今何をすべきか」

 

「身につけるべき力は何か」

 

を考え、それを実践することである。

 

その実践をする時間を作り出すために

 

いかに無駄なことを削ぎ落とせるか。

 

そこに覚悟の強さが現れる。

 

何も、全てを犠牲にせよ、とは言っていない。

 

あくまでも目標からの逆算をし、そこに到達するために、という視点を忘れないこと。

 

親にとっての覚悟とは

 

覚悟を決めて行動した我が子を見守ることに徹する覚悟である。

 

受験の当事者、主役は我が子だ。

 

主役が覚悟を決めている以上、それ以外は部外者、傍観者なのである。

 

主役が出した結果は

 

親は覚悟を持って受け止めることが重要。

 

両者が覚悟を決め、行動した時

 

初めて硬い壁をぶち壊すことができる。

 

僕は歴代の松江っ子や松江ペアレンツを見てきて思うよ。