川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

エヴァンゲリオンを知らない夫婦

 

僕はエヴァンゲリオンを知らない

 

いや

 

正確に言うと

 

アニメやら映画を見たことがない。

 

キャラクターの何人かは知っているが

 

それぞれがどういう人物設定なのか

 

そもそも誰が主人公なのかも知らない

 

紫だか緑だかのロボットも

 

あれがどういう立ち位置なのかも分からない。

 

そして、この「分からなさ」っぷりは

 

我が天使な奥様の方がレベルが上である。

 

 

 

 

昨日、某コンビニに立ち寄った。

 

2人で「小腹が減ったね」なんて言いながらパンコーナーを見ると

 

 

「あ、エヴァンゲリオンあるじゃん。やったじゃん」

 

「おー!ラッキー!…ってならないよ笑」

 

「パンとコラボするからにはマニアはパンを食べた瞬間に何か分かるのかね」

 

「アニメの中で主人公が食べてるとか?」

 

「そうそう、パズーのトーストみたいな」

 

「あー、そうかもね♫」

 

「てかさ、エヴァンゲリオンって何?」

 

「そもそもね笑」

 

「まず名前の意味が全く分からないよね」

 

「わかるー!!それそれ」

 

「切りどころとかあるんじゃね?」

 

「みんなエヴァって言ってるから、エヴァ・ンゲリオンじゃね?」

 

「確かにエヴァってのは聞くねー。でも、ンゲリオンに意味あるとも思えないなー」

 

「んー、確かに。じゃあ、エヴァンとゲリオンは?」

 

「ゲリオンって…。トイレに駆け込んだ直後の発声じゃん笑。お腹痛くてトイレに駆け込んで、良かったー。間に合った!って思ってからの一声♫」

 

「やめなよ笑」

 

「あ、じゃあじゃあ、エヴァンゲ・リオンは?」

 

「なんか一気に名前みたいになったわ笑」

 

「リオンちゃんね」

 

「でもさ、エヴァンゲって、どんな毛?」

 

「毛?あー、なになに、漢字で毛が入るんかー」

 

「脇毛とか、すね毛とかみたいなね」

 

「やべー、リオンちゃんよ笑」

 

「で、エヴァンゲリオンって何?」

「で、エヴァンゲリオンって何?」

 

「笑」「笑」

 

「コーヒーとカフェラテだけでいい?」

 

「そだね」

 

コンビニのパンコーナー

 

そこで立ち話をする40代の男女

 

最後はのけぞりながら、声を抑えて爆笑

 

僕ら夫婦の会話はこうやって永遠に続いていく…

 

 

毎日幸せだー♫