川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

親の失言

 

他の塾の子は知らないよ?

 

これは松江っ子限定の話ね。

 

松江っ子中3は

 

今この瞬間も

 

本当に

 

神々しく

 

嘘みたいに集中し

 

澄んだ瞳で

 

「勉強」というものと向き合っている。

 

今、入試まで37日という今日。

 

私立入試は明後日だが

 

そんなことは1ミリも脳内にはなく、

 

ただひたすらに

 

自分で学んでいるのだ。

 

 

僕は教室の前に座っているが

 

僕がここにいることに気づいている子は

 

今、誰もいないだろう。

 

いや

 

いるのは知ってるのだろうが

 

そんなことはどうでもいい

 

そんな心持ちなんだと思う。

 

 

 

さて

 

そんな松江っ子受験生達に

 

親として絶対に言ってほしくない言葉がある。

 

 

 

 

それはね

 

 

「このままだと落ちるんじゃないの?」

 

「もっと頑張ったほうがいいんじゃないの?」

 

 

この言葉だ。

 

親としては気合いを入れたり、危機感をさらに煽って

 

もっと頑張って欲しいのだろうが

 

今、最後のゴールに向かってロングスパートをしているところだからね?

 

本人なりに

 

限界レベルで頑張ってるんだよ。

 

 

 

親として言うべきなのは

 

 

「無理しすぎないでね」

 

「なんでそんなに頑張れるの?笑」

 

「まるで別人だよね」

 

 

こういう言葉だから。

 

 

 

 

それからね

 

 

「受かっても落ちてもどっちでもいいからね」

 

 

これは

 

子供の性格によるけど、

 

できれば言わない方がいいかもね。

 

 

 

どっちでもいいって何?俺は受かりたいんだけど?

 

 

って思わせちゃうから。

 

 

 

親は親の人生を今日頑張り、

 

子供は子供で今日頑張り

 

 

ファミリー全員が今日という日を頑張れたね!

 

 

さすが我がファミリーだぜ!

 

 

うちら、家族で良かったね!

 

 

 

そんな空気感で

 

親はどっしり構えて見ていて欲しい。

 

 

 

失言だった!

 

と思ったら

 

ペコリと頭下げて、心から謝ってあげてね。

 

 

どう?

 

 

今、あなたは「受験生の親」なんだよ。

 

 

一生記憶に残ることだからね。

 

 

 

たっぷりたっぷり

 

頑張る我が子を

 

穴が開くほど見つめてあげて欲しい。