川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

「最初が肝心」

 

何事も、とにかく「最初」が一番大切だと思っている。

 

特に、全員が一斉にスタートする時

 

小学校入学

 

中学校入学

 

そういった特大のスタートだけじゃなく

 

各学期のスタート

 

各単元のスタート

 

そういうものも同じくらい大切なんだ。

 

 

結果的に成績が伸びない子達は

 

各単元の一番最初の授業の時

 

聞く力を強くできないことが多い。

 

 

映画を想像して欲しい。

 

 

映画の最初の5分

 

あの時間にトイレに行っていて、全く見てなかったとしたら?

 

 

英語の場合はそこに座っていて、

 

その後のストーリーも見ることになるから

 

なんとなく補正はできる。

 

そもそも見たくてそこにいるわけだから。

 

 

でも、授業はどうか。

 

そもそもそこに居たくているわけでもなければ

 

 

最初の数分間にボケっとしていたら

 

秒速で分からなくなるのは想像に難くないだろう。

 

 

「最初が一番」とは

 

よく言ったものである。

 

 

 

後から何度も説明していると

 

 

「あー、そういうことだったんだ!」

 

と理解してくれることがあるが

 

 

それすら、僕は指導者としてやりたくはないんだ。

 

だって、

 

後から説明してもらえれば理解できる♫

 

生徒がそう思ったら、ますます最初からしっかり聞かなくなるでしょ?

 

 

「聞き逃したらもうアウト。二度と這い上がれないよ」

 

 

その緊張感を塾として作り出せたら良い。

 

 

そして

 

 

その気持ちで授業を受けることを当たり前にしないと

 

 

高校では秒速で最下位に落ちる。

 

 

そして

 

 

二度と這い上がれなくなる。

 

 

それは知っておいた方がいいだろう。