川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

松江塾は 「商品」を見ることができる店である。

 

お店に入る。

 

商品は陳列棚に並び

 

実際に手にとって、重さや硬さ、手触り

 

そういったものを実際に見ることができる。

 

もしくは身につけて見て、鏡を見て

 

本当に似合うかどうかも確かめられる。

 

もしくは

 

その商品が買えるサイトに行く。

 

写真やサイズが画像や数字で確認することができ、

 

口コミも確認できる。

 

 

 

それが「財やサービスを買う」ためには

 

絶対に必要なことだと

 

僕は思うのだ。

 

 

 

では、塾はどうか。

 

塾というものは、成績や学力が上がるための「授業」や「システム」を売っている。

 

確かに、「体験」することはできる。

 

しかし

 

たった数回、数週間の体験だけで

 

本当にその商品の品質を確かめることができるのだろうか。

 

まして一般的な商品と違い、継続的に毎月お金を払う商品だ。

 

何なら毎月、毎週、毎回

 

その商品を見ることができていいはずである。

 

 

しかし

 

実際に常にその商品(授業)を見ることができる塾は

 

極めて少ない。

 

皆無

 

と言っても過言ではない。

 

 

おかしくないだろうか。

 

どう考えても。

 

 

お金は払うのに、その対価として手に入れることができる商品を

 

最初の数分しか見ることができず

 

しかも数ヶ月、数年に渡って支払う

 

 

 

どう考えてもおかしいよね。

 

 

この塾業界のおかしいところ

 

これまで常識だと思われていたところが

 

新型コロナのおかけで一変するチャンスだと思うのだ。

 

 

子供が学んでいる授業

 

一体、どんな授業なのか。

 

今日は何を学んでいるのか

 

成績が上がらないのは授業や仕組みがダメなのか

 

それとも我が子の頑張りが足りないのか

 

そういうことは、全てをガラス張りにして

 

初めて見えてくるんじゃないのだろうか。

 

 

 

松江塾は

 

全部の全部を全部お見せしている。

 

 

授業は全てリアルタイムで保護者のスマホから見ることができる。

 

 

全ての授業をリアルタイムに、である。

 

 

さらに、翌日以降に全ての授業が動画で配信される。

 

 

 

うちの子の通っている松江塾という塾の授業は

 

果たして本当にお金を払う価値があるのだろうか。

 

これを全保護者の方に

 

いつでも

 

どこでも

 

見て確かめてもらえるのだ。

 

 

何でこれが今まで当たり前に行われてこなかったのか。

 

 

今になって思えば、

 

不思議でならない。

 

 

 

 

ちょっと嫌なこと書くよ。

 

 

 

あのね

 

もしこれが塾業界の「義務」になったとするでしょ。

 

 

そしたら多くの塾は「大反対」するだろうね。

 

 

 

理由?

 

 

それは

 

ほら

 

 

言わなくても分かるでしょ。

 

 

 

書いたらますます嫌われる・・・・笑

 

 

 

 

ということで、

 

 

今日も松江塾は全授業をリアルタイムでガラス張り。

 

 

 

 

分かりにくい説明

 

話のつまらない授業

 

御しきれずに荒れた教室

 

誰も聞いてない淀んだ授業

 

本当に学力が伸びるのか確信できない授業

 

 

 

 

そういう類のものは

 

松江塾には存在しない。

 

 

 

さて、

 

 

今日も何人もの保護者の方がリアルタイムで見てくれるだろう。

 

 

 

 

ますます気合いが入るぜ。