川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

先んずれば人を制す2021年

 

 

 

仕事始めだ。

 

今年も、とにかく「先取り」を進めていく。

 

2019年の松江塾は

 

塾で1ヶ月くらい先取りをし、

 

その後学校で授業を受ける。

 

つまり、一つの内容を2回学んで、定期テスト前の自学期間に突入してもらっていた。

 

しかし

 

2020年

 

授業日数を大幅に増やし、

 

徹底的に先取りをした。

 

もちろん、コロナ休校期間も活用し

 

塾で半年先まで先取りをし、

 

さらに学校の授業が始まる前に

 

もう一度反復、

 

その後、学校の授業を受けてもらう。

 

つまり、一つの単元を

 

3回転反復する。

 

そして、

 

たっぷり理解ができた状態でテスト前の自学期間に突入。

 

この流れで、学年一桁の人数は過去最高を更新し続けた。

 

この流れ、2021年も継続する。

 

 

今日は小5、小4の授業がある。

 

どちらの学年も、すでに1学年上の内容を先取りしている。

 

目標は「1学年上の内容を全部先取りする」ことである。

 

そして3月

 

正式に学年が上がったときに、新しい学年のテキストを配る。

 

そこから「2回転目」が始まる。

 

当然ながら2回目なので、1回目よりも速く進められる。

 

夏前までには2回転目を終わり、そこからさらに1学年上の先取りへと進んでいく。

 

 

夜は中1と中2。

 

中1はいよいよ不定詞の2回転目に突入する。

 

1月中に不定動名詞、比較も終わらせ

 

2月には受動態と現在完了の入口にさしかかる。

 

完全に1年分の先取り完了だ。

 

2年になったら、2年間分の「大復習期間」!

 

くったくたに煮込むように復習していく。

 

中2はすでに中学内容全てを終えているが

 

今は大復習期間中。

 

2月末までに大復習期間を終わらせ、

 

定期テスト後は入試問題演習に突入だ。

 

 

 

 

 

 

今年もブイブイ加速する。