川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

中学入学前に絶対にマスターしておきたい英語

 

まずはフォニックス

 

文字と音が完全一致するまで

 

徹底的にやり込むべし。

 

親からすれば意味不明だと思うだろうが

 

 

adidas

 

これを、「英単語だよ」と言ってホワイトボードに書くと

 

リアルにキョトンとしてしまう子が多い多い…

 

マジで。

 

そこにアディダスロゴマークを書くと

 

 

「あ!!アディダス!!」

 

って声を出す。

 

分かる?

 

 

adidas

 

 

を、文字として読めてないんだよ。

 

 

嘘だと思うでしょ?

 

 

少なくとも、小学校で多少なりともやってるんだから…

 

 

って思うよね?

 

 

でも、現実は全く違うからね。

 

 

 

そして、それを乗り越えたら

 

 

簡略化して、世の中には

 

 

私は納豆を食べる。

私は太郎です。

 

 

この2種類の文しかないっていうことを

 

徹底的に理解させる。

 

 

初学の子達にとって、

 

英語は

 

喋るもの

日本語を翻訳するもの

 

という思い込みが強い。

 

 

「キュウリって英語でなんて言うか知ってる?」

 

これね。

 

 

キュウリはcucumber

 

ありがとうはThank you.

 

おはようはGood morning.

 

 

この「翻訳」が英語ができるってことだと思ってるんだ。

 

 

この思い込みをぶっ壊すこと。

 

 

つまり

 

 

「ガチガチのルールによって成り立ってる」

 

「設計図通りに組み立てる」

 

「マニュアルを無視すると壊れる」

 

 

それを分からせることが何よりも大事なんだよ。

 

 

だから、上に書いた2文

 

つまり

 

be動詞の文と一般動詞の文

 

これを

 

サッカーと野球

 

くらい明確な認識を持って識別できることが

 

 

超絶大事なんだよね。

 

 

そこを曖昧にして最初のスタートを切ってしまうと

 

必ずグズグズになるよ。

 

 

必ず、ね。

 

 

 

ということで、今日の中学準備講座はbe動詞の入口を少しだけやった。

 

 

他にもやったことはあるが

 

そこは企業秘密♫

 

 

もちろん、3月からの新年度でも

 

 

もう一度、もっと詳しくコテコテに授業をしていく。

 

 

ここを崩さずに教えることは

 

 

多分、英語学習の中でも一番大事なんじゃないかな。