川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

コロナに対する松江塾の対応

 

昨日、プレを除く小中学生、その保護者の方に一斉LINEを送信した。

 

以下、その文面

 

 

 

 

 

 

「コロナに関しての通塾基準を定めておきます。

 

本人が陽性、濃厚接触

病院や保健所に従ってください(専門機関から登校可能、と言われるまではオンライン)

 

 

学校や学年、クラスで陽性者や濃厚接触者が出た場合

学校の閉鎖や休講状況に従ってください。

 

例えば、

学校閉鎖・休講→再開までオンラインへ

学年閉鎖・休講→当該学年なら再開までオンラインへ

学級閉鎖・休講→当該学級なら再開までオンラインへ

 

つまり、隣のクラスで陽性者や濃厚接触者が出て、そのクラス全員がPCR検査を受けることになった場合でも、自分のクラスが通常登校、通常授業であれば対面授業参加OKです。


閉鎖や休講がなされていない環境で、本人や家族に発熱や倦怠感がないのであれば、対面授業参加可能、ということです。


もちろん、不安な場合はオンライン受講に切り替えてください。

 

今後、地域の感染状況の拡がり次第では、

半分オンラインや完全オンラインに切り替えていく可能性はあります。

 

しかし

現時点では学校の判断に準じた判断をしていきます。


最後に

オンラインへ切り替えている生徒にオンライン授業の受け心地を聞くと、概ね良好という意見が多いです。

ただ、印刷環境がなかったり、スマホ等の画面側小さかったり、画素数が低かったりするとストレスも多かったりするようです。

その場合は我慢して参加するのではなく、翌日の録画配信で受講するようにしてください。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松江塾は基本的には学校の方針に従う。

 

別に従わずに独自判断でもいいのだが

 

やはり子育ての中心は「学校」なのだ。

 

 

 

このLINE文面を考えながら

 

特に大きな不安や心配を感じなかったのは

 

なんと言っても

 

オンライン授業

 

これが完璧に機能していることが大きい。

 

 

学校閉鎖とか

 

学年閉鎖とか

 

学級閉鎖とか

 

ちょっと不安とか

 

風邪だとは思うけど・・・とか

 

咳、周りの子は気にするよね・・・とか

 

 

そういう一切合切の都合や不安

 

 

じゃ、今日はオンラインで!

 

 

これで良いんだし。

 

 

 

塾はこれから冬期講習や受験への追い込み、3学期の定期テストと続いていく。

 

1年間で一番忙しく、賑わう時だ。

 

でも

 

変な言い方だが、コロナも賑わっていくんだ。

 

 

どうしたらいいんだ・・・

 

そう頭を抱えていく塾長も多いだろう。

 

 

 

でも、松江塾は大丈夫。

 

 

 

もはや、無敵オンラインと言っても過言ではない仕組みが

 

あの休校措置開始から

 

形を進化させながら動き続けているんだから。