川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

何なら、「まっさら」な方がいい

 

英語学習において

 

中学入学までは「何も知らない」という方が

 

中途半端に学ぶよりもいいんじゃないかな。

 

 

一番困るのが

 

「ちょっと知ってる」

 

という子達。

 

例えば

 

「I am Yuki.」

 

という文

 

当然読めるし、

 

「私は由紀です。」

 

という意味だとも分かる。

 

「Are you Mike?」「Yes, I am.」

 

だって、読めて意味も分かる。

 

 

そんなレベルからスタートする中学英語。

 

まあ、舐めちゃうわけだよね。

 

 

だって、学校の授業は余裕なんだし。

 

そういう子達には

 

be動詞の文

 

だとか

 

英文の語順のルール

 

なんて言葉は届かない。

 

だって

 

目の前の文は

 

 

読めて、意味も分かるんだし。

 

 

こういう子達だよね。

 

 

1学期は90点台なのに

 

2学期で80点台前半に

 

そして

 

3学期には60点台、下手すると60点台に下がるのは。

 

 

中1の英語は

 

あっという間に

 

加速度的に難しく、複雑になっていく。

 

 

ちょっとだけかじるような「フレーズを知っている」なんて次元では

 

あっという間に

 

わけがわからない

 

という状態に突入しちゃうんだ。

 

 

 

だったら

 

何も知りません!

 

というほうが伸びる。

 

 

 

松江塾

 

小6からゴリゴリの英文法に取り組むのはそのためだ。

 

 

 

小学生のうちは、英語をたくさん読んで、たくさん聞いて英語に慣れよう!

 

 

 

なんていうのは

 

中学3年間の英語のカリキュラムを

 

熟知していない証拠である。