川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

おお、早速リクエストが♪

 

 

塾経営者である僕と

 

我が天使な奥様が

 

二人で何かしらのテーマについて語り合う

 

「夫婦ラジオ」

 

再生回数こそ200いけばいいかな?

 

ってくらいなんだけど

 

結構喜んでくれる方も多い♪

 

ということで細々と続けている。

 

ここ最近は引っ越しのドタバタで撮れてないけどね。

 

 

 

 

 

 

 

あ、そうそう

 

引越しって言えばさ

 

あのー

 

僕は〜

 

全く知らなかったのですがー

 

テレビって

 

ネット繋げたら見れるわけじゃないんだね?

 

 

今日、初めて知った笑

 

「おっかしいなー、Wi-Fi繋がってネットが快適に繋がるのに、どうしてテレビが映らないんだろうかーー!」

 

って、奥様と二人でテレビの前で1時間くらい格闘したさ

 

 

あれはネットテレビ?みたいなものを契約しないといけないんでしょ?

 

知らなかったー

 

今までアンテナで見てたからー

 

 

 

 

ということで

 

今日のブログを読んでくれた方から

 

早速リクエストが!

 

 

「こんなモンスターペアレンツいました!」

 

というテーマね。

 

 

たくさん見てきたよー

 

 

ゲラおとなし子が小中学生だったとき

 

やっぱり公立小中学校には

 

ウジャウジャいるからね。

 

 

モンスター達が。

 

 

でもね

 

 

これは実は大きなテーマでね

 

 

決して過激なモンスター達を論って面白がるわけじゃないんだ。

 

 

 

教育意識が高いママ達は

 

 

実は結構気にしていることなんだ。

 

 

「熱心な親」と「モンスターペアレンツ」の境目はどこなのか

 

 

 

モンスター達は

 

自分のことをモンスターだとは

 

全く思ってないからね。

 

ただただ、我が子に対して熱心!

 

 

というつもりなんだよね。

 

 

でも、受け取る側からすれば、モンスター・・・

 

 

なんとなく分かるよね。

 

 

 

セクハラとかモラハラとか

 

そういう類の話とある程度似てる感じ。

 

 

受け取る側に判定権限がある、みたいな・・・

 

 

だから教育ママ達は

 

 

学校とか

 

先生とか

 

 

ちょっと質問したり、言いたいことがあっても

 

「これを言ったらモンスター判定されるのか?」

 

って、必ず考えると思うんだ。

 

 

どう?

 

 

首ボキしてる人たち、いない?笑

 

 

 

 

ということで

 

今週末あたりに語り合ってみよう。