川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

「現実の世の中」で育つことの大切さ

 

早くから私立コースを考える人達ってさ

 

「公立は質の悪い子達が多い」

 

という考えが根深くあるんだよね。

 

そりゃね、下を見れば確かにそうだけどさ

 

公立小中高のトップ集団は

 

マジでえげつないからね?

 

地頭モンスター

 

努力モンスター

 

達の巣窟だから笑

 

んで、

 

同じ教室の中で

 

ヤンチャな子達がいても

 

しっかり自分の意志を貫いて学ぶわけでしょ?

 

それこそ、

 

現実の世の中の縮図だよね

 

そこで頑張れて

 

上に行く子達は

 

やっぱり僕の憧れる子供の成長像なんだよな。

 

下は学力や経済力でカットされ

 

同じ空間にはいない環境で

 

スマートに学んで成長していくのも

 

そりゃ親としての憧れと考えるのも

 

分かるけどね。

 

エリート?笑

 

セレブ?笑

 

 

 

まあ、あくまでも僕の個人的な考えだけどさ。

 

なんかね

 

振れ幅が大きいっていうか

 

懐が深いっていうか

 

遊びが大きいっていうか

 

そういう空気感が魅力なんだよね。

 

オール公立の子達って。

 

 

地元にはヤンチャな友達もいて

 

高校途中で辞めちゃう子もとかもいて

 

それでも、その環境の中で頑張って

 

トップの国公立大とかに進学

 

なんか

 

人として魅力を感じちゃうんだよねー

 

だから

 

僕はそういう環境を選んで子育てをしたんだよね。