川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

その姿に共通点

 

対面でもオンラインでも

 

自学で学力を伸ばす子には

 

ある特徴がある。

 

2時間、3時間の自学時間の中で

 

生徒達にも「波」はある。

 

 

f:id:goumaji:20201116075603j:image

 

縦軸が集中や没頭、ハマり度を表していて

 

横軸が時間

 

 

勉強が苦手な子は

 

こんな感じ。

 

f:id:goumaji:20201116075755j:image

 

学力を伸ばすには

 

「頭を使う」という負荷に耐えなければならない。

 

そのためには

 

黒い横線の下の領域に沈み込まなければならない。

 

 

イメージとしては

 

水泳の潜水

 

つまり

 

勉強ができる子は

 

f:id:goumaji:20201116080231j:image

この状態になる。

 

分かるよね?

 

 

そして、

 

ここから時間の経過とともに

 

 

f:id:goumaji:20201116080344j:image

こうなる子も

 

 

f:id:goumaji:20201116080429j:image

 

こうなる子もいる。

 

 

しかし

 

 

上位の子達は

 

 

言うまでもなく

 

 

f:id:goumaji:20201116080528j:image

 

こうなるんだ。

 

 

ここまでは、「そうだろうな」と誰もが思うはずなんだけど

 

 

実はその先がある。

 

 

 

f:id:goumaji:20201116080656j:image

 

実は、自学の世界には

 

ある程度の集中レベルのところに

 

点線があって、

 

 

そこの領域に入ると

 

 

つまり

 

 

f:id:goumaji:20201116080812j:image

 

この点線よりも下に入ると

 

 

その子の姿を見ていて

 

 

「あっ!その領域に入ったな」

 

と、見ていてすぐに分かることが起きるんだ。

 

 

 

今、多くの塾で「自学」というものの価値が見直されているよね。

 

 

その塾の先生達は

 

みんな同じことを感じているはずなんだ。

 

 

「あ、今、俺の存在は邪魔でしかないな」

 

 

この感覚ね。

 

 

そう感じるのは

 

 

その領域に入った子達の「共通点」に

 

 

気づいたからなんだよね。

 

 

もちろん、それをしっかり自覚できてる先生と

 

 

そうじゃない先生がいるとは思うけどね。