川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

塾講師によるSNSの功罪

 

15年前

 

この世界にSNSというものはなかった。

 

唯一あったのは

 

ホームページと

 

ごく限られた塾講師によるブログ

 

それだけだった。

 

それまで

 

指導の現場の声は

 

殆どの保護者の目には、

 

耳には届かなかった。

 

見えるのは数字

 

そして

 

我が子からの口頭による情報

 

ごくわずかに講師から発信される紙の報告書

 

教室通信のようなもの

 

それくらいだったのではないだろか。

 

つまり

 

子供が教育を受ける現場の様子も

 

指導者の声も気持ちも

 

殆ど見えないものだった。

 

だから

 

保護者は

 

信じるしかなかった。

 

しかし

 

今はSNSの時代だ。

 

現場の講師の一人一人が

 

日々、何かしらの声を発している。

 

自慢だったり

 

ノウハウだったり

 

愚痴だったり

 

嘆きだったり

 

そう

 

今見えているのは

 

「現場のリアルな声」である。

 

そこから見えてくるもの

 

それは

 

 

 

伸びようとする子は勝手に伸びる

 

伸ばそうとしても伸びない子はいる

 

結局は

 

子供自身の意志次第

 

 

 

この現実。

 

 

分かってはいたはずだ。

 

それが真実だと。

 

 

しかし

 

見えていなかった時代は

 

 

「完璧なノウハウ」を

 

塾が持っていると信じていたんだ。

 

 

 

でも

 

現場の先生から伝わってくるのは

 

 

そういうものは「ない」

 

ということばかり。

 

 

 

 

時代は変わったんだ。

 

 

見えないものが見えるようになった。

 

 

 

僕ら塾講師は

 

 

現実を

 

 

声を大にして言えるようになった。

 

 

 

「結局は本人次第なんですよ」

 

 

と。