川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

日常会話で国語力を鍛えて

 

最近、あまりにも文を読めない子が多いという。

 

プレを見ていても

 

入ってきたばかりの時は

 

嘘みたいに文章が読めない子もいる。

 

これは、慣れているとか

 

そういうことが原因ではない。

 

「家庭での普段の会話」

 

ここに全ての原因がある。

 

親はね

 

気がつかないうちに

 

我が子の理解できる語句だったりフレーズを使ってしまう。

 

家庭生活を円滑に進めるためにね。

 

いちいち分からない言葉の説明をしていたら

 

いろいろなことが動かなくなるから。

 

「机の上のコスモスに水をあげてくれる?」

 

「コスモスって何?」

 

「そこにある花の名前だよ」

 

 

 

このやりとりすら面倒だと思えば

 

 

「ねぇ、コップに水入れて、あれにかけて」

 

「これ?」

 

「そうそう」

 

 

 

たったそれだけ?

 

と思うかもね

 

でも

 

文章には出てくるんだよ

 

画像なしで。

 

 

「コスモスの葉の裏にカタツムリが」

 

なんて表現が。

 

 

知らない子にとっては、

 

「○○○○の葉の裏にカタツムリが」

 

って見えるんだ。

 

そりゃ、読む気もなくなるわ

 

 

 

夫婦ラジオでも語ったが

 

家庭内の日常会話

 

それが子供の学力の土台だよ。