川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

蓄積と反復は全てを乗り越える

 

ある中3生

 

夏前から、国語ができないと相談を受けていた。

 

いつものように、手出しし過ぎない範囲でアドバイス

 

その子はそれを実行した。

 

すると今度は

 

記述問題ができない、と相談をうけた。

 

同じようにアドバイス

 

そこから何回か記述問題の採点を頼まれた。

 

ほぼできてる場合と、ちょっと足りなかったりズレてたり。

 

そこを指摘。

 

その生徒は、

 

「なるほど、ありがとうございます!」

 

そう言って、また自学の世界に戻って行った。

 

そして昨日

 

「大問2(漢字や語句)の得点の仕方を教えてほしい」

 

とLINEが。

 

これまではお母さんからLINEをくれることが多かったのだが

 

昨日は本人から。

 

そのやり取りの中で

 

「文章題に関しては、かなりできるようになった自覚がある。あとは大問2さえできれば偏差値70も夢ではないと思います。」

 

そう言った。

 

松江塾の子達のレベルで

 

「できるようになった自覚がある」

 

とは、

 

本当にできるようになった、ということである。

 

それだけ勉強において自分と向き合わされるからね。

 

自分が逃げてるのか

 

自分が時間を無駄にしているのか

 

自分が能動的にやれているのか

 

自分が乗っているのか

 

自分が追い込まれているのか

 

それを自覚せざるを得ない環境しかないから。

 

 

さてこの生徒。

 

リクエスト通り、大問2の得点力の伸ばし方を伝えた。

 

本人が望んだから伝えた。

 

こういうやり取り

 

実はものすごく大切。

 

全員に伝えても、あまり意味はない。

 

本当に欲するからこそ、僕に聞くという行動に出たわけで

 

発していない子たちには

 

何の意味もないアドバイスだからね。

 

さて

 

次の北辰が近づいてきたよ。

 

どこまで伸びるかな

 

楽しみである。