川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

生徒をフラットに見れるか

 

塾の先生をやっていると

 

まず大半の先生が同じ状況になる。

 

頑張る生徒は好き

 

頑張らない生徒は好きじゃない

 

この感覚ね。

 

これは、指導者という立場の人は

 

避けることができない感覚だ。

 

どんなに綺麗事を言っても書いても

 

胸の内は同じ。

 

当然ながら、僕も同じ。

 

同じ

 

 

だった。

 

 

しかし

 

 

ある時を境に何かが自分の中で変わったんだ。

 

 

 

頑張らない子も

 

 

いつか頑張る時がくる

 

 

必ず。

 

 

自学を柱にして

 

生徒の自主性を重視するようになり

 

その結果として

 

さらに生徒をよく観察するようになった。

 

 

そうすると

 

当たり前のように

 

頑張る子

頑張らない子

 

が分かる。

 

頑張らない子は

 

なぜ頑張らないのか

 

なぜ面倒臭いと感じるのか

 

 

それなのに、どこかのタイミングで頑張るようになるのは

 

なにがきっかけか

 

なにが理由なのか

 

そういうことを考えながら見ていると、

 

どんな生徒でも

 

フラットに見えるようになった。

 

 

もちろん、高校受験という節目に間に合わないこともあるが

 

それもそれそれ。

 

 

頑張らない子に無理やり頑張らせようとしても

 

弊害のほうがとてつもなくデカいのだ。

 

 

しかし

 

勤めてる塾の方針で

 

それでも

 

無理やり頑張らせないといけないこともある。

 

 

それによって本来頑張るべきタイミングで疲弊してしまっている子達が

 

 

少なからずいるのかも。