川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

ズレがあるから指導がある

 

このくらいの問題なら、これくらいできるだろう

 

僕がそう思う

 

しかし

 

生徒達はそれよりも少しできないことがある。

 

あれ?

 

そう思う。

 

その微妙な差こそ

 

「指導」

 

が生まれるポイントだ。

 

そこを埋めていく。

 

そして大事なことは

 

生徒達も

 

「あれ?こんなにできないものなのか?」

 

そう感じ、焦り

 

その差を自ら埋めるべく、授業を聞く

 

そして

 

復習する。

 

それが「自学の芽」である。

 

今、全学年で先取りを止めて

 

全単元、いろんなところを復習しながら

 

問題演習をしている。

 

 

僕は指導の必要なポイントを見出し

 

生徒達は自分の理解度を知り、焦りながらも自学の芽を芽吹かせる。

 

そうやって松江っ子達は成長していくんだ。