川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

選択肢がない、とはどういうことか

 

生徒達に受験トークをする時

 

「勉強を頑張ることで将来の選択肢が増える」

 

というフレーズはよく使うだろう。

 

これはまあ、

 

ある意味事実だが

 

ある意味間違い。

 

しかし、ここではそれは触れないことにする。

 

ここで言いたいのは

 

勉強を頑張らなかったり

 

自分の志望が決まっていないまま何となく先に進んでいくことで

 

「希望の選択肢がない」

 

という悲惨な現実について話してみたい。

 

 

例えば

 

数学嫌い

 

理科苦手

 

そんな感じで私大文系に進んだ人が

 

ある時、なにかをきっかけにして

 

「医者になりたい」

 

と望んだ時

 

それが

 

「選択肢がない」

 

という状況である。

 

もちろん、

 

「今から医学部を受験する」

 

という選択肢もあるにはあるが

 

現実的には、ほぼ0といっていいだろう。

 

 

この時の

 

「壁にぶつかった」

 

感覚

 

具体的に味わってみよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問題  次の計算の答えを下の選択肢から選びなさい。

 

8ー2=

 

 

 

① 3  ②4  ③5  ④1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この問題に正解するか、間違うかで

 

 

あなたの人生の一部が確定するとしよう。

 

 

 

 

 

あなたの隣の友達は

 

「は?超簡単じゃん。」

 

 

そう言って、答えを書き込んで、颯爽と提出し

 

その場で○を貰って、ガッツポーズをしているんだ。

 

 

 

そう

 

 

このテスト

 

 

 

人によって書かれている選択肢が違うのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この「行き止まり感」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが、僕ら親が

 

何が何でも回避させたい状況

 

 

 

 

 

 

 

我が子がこの先、どんな希望を持ったとしても

 

 

ちゃんと目の前に選択肢として道がある状況

 

 

 

 

 

 

それを作りたいが故に

 

 

 

僕ら親は今日も頑張るんだ。

 

 

 

 

 

 

しかし

 

 

 

 

伝わらないこの想い

 

 

 

 

 

 

親の心、子知らず

 

 

 

 

 

まさにこの言葉通り。

 

 

 

 

 

 

でもね

 

 

 

 

 

 

 

僕らも同じ、「子」だったのさ

 

 

 

 

 

 

 

当時、親の心なんて

 

 

 

 

 

分からなかったじゃん?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからさ

 

 

僕ら親は

 

 

 

もがきながら

 

 

それでも

 

 

それを楽しもうと努力して

 

 

 

前に進まなきゃいけないんだよ

 

 

 

 

それが、親ってもんさ

 

 

 

 

 

さあ、頑張ろっか