川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

人は良いものが欲しくなる

 

買い物に行く。

 

値段さえ気にしなければ

 

良いものが欲しくなる。

 

同じ値段ならば

 

良いものが欲しくなる。

 

人っていうのは

 

そういうものだ。

 

自分が進んでいく高校

 

目の前に並んでいるところに立ち

 

「さあ、選んでいいよ」

 

と言われれば

 

誰だって良い高校が欲しくなる。

 

 

 

 

でもね

 

 

最初に戻るよ。

 

買い物の場面

 

「値段さえ気にしなければ」

 

と書いた。

 

そうだ

 

現実には、買い物の場面では「値段」は切っても切れないものなんだ。

 

高校選びでは?

 

値段に代わるものは何だ?

 

 

 

 

学力だ。

 

 

 

 

お財布にたっぷりお金を入れて買い物に行くように

 

 

頭の中にたっぷりの学力を詰め込んで

 

 

「高校選び」

 

という売り場に行きたいよな?

 

 

いいか

 

 

君達は、必ず「少しでも良い高校」に行きたくなる。

 

 

今は

 

そのためにやらなければいけない勉強の苦痛

 

 

それが勝っているはずだ。

 

 

だから、

 

 

別にそこまでいい高校には行きたくないかな…

 

 

 

なんて思ってしまう。

 

 

 

 

 

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし

 

 

それは今

 

 

「売り場」にいないからだ。

 

 

 

友達は、君の隣ではるかに高額で最新のシューズを手にするぞ?

 

 

君のお財布の中身では

 

到底買えないものだ。

 

 

それを友達は満足げに手にし、レジに向かうんだぞ?

 

 

 

イメージしろ

 

 

想像しろよ

 

 

 

君は、自分の財布の中にあるお金の範囲でしか

 

 

選べないんだ。

 

 

端のほうにある去年モデルか?

 

 

人気のない売れ残りか?

 

 

それとも

 

 

現品限りのワゴンセールか?

 

 

 

その時その場で、そこから選ぶ自分に

 

 

耐えられるか?

 

 

 

満足か?

 

 

 

さっきの友達は、もう会計を終わらせて

 

 

満面の笑みで君のところに来るぞ?

 

 

 

「まだ決まんないの?いくらのなら買えるの?」

 

なんて聞いてくるぞ?

 

 

 

想像しろよ?

 

 

 

今、勉強サボってると

 

 

数年後、数ヶ月後は

 

 

そんな感じになるんだぞ?

 

 

 

「んー、ここじゃ無理か…。リサイクルショップ見てみる?」

 

 

なんて言われる可能性もあるんだぞ?

 

 

 

だって、仕方ないじゃん。

 

 

 

お財布の中に入ってるお金、少ないんだから。

 

 

 

 

友達は最新!人気!のニューモデル

 

 

 

君はリサイクルショップで買った中古品

 

 

 

 

「じゃ、明日部活でね!」

 

 

なんて言って別れて帰路に着く。

 

 

 

どんな気分だよ

 

 

 

 

 

想像しろよ?

 

 

 

 

勉強でも

 

 

高校進学でも

 

 

 

大学進学でも

 

 

 

 

同じことが起きるんだぞ?

 

 

 

 

いや

 

 

 

 

起きてるんだぞ?

 

 

 

 

 

だから大人になって後悔する人が多いんだよ。

 

 

 

 

 

 

あの時、もっと勉強してればな…

 

 

 

 

 

翌日の部活で

 

 

ヨレヨレのシューズを履いて練習する自分を

 

 

 

 

しっかりとイメージしてみろよ

 

 

 

 

 

親達

 

 

 

 

自分の子供に

 

 

 

 

そんな思いをさせたくないのなら

 

 

 

 

 

親だって同じ。

 

 

 

 

 

今日やるべきことは何だ?