川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

良好な親子関係の作り方①

 

我が真島家

 

親子関係は良好である。

 

先日のゲラお浦高紹介動画を見ても、それは伝わってくるらしい。

 

保護者の方からそんなLINEも多数いただいたから。

 

さて

 

なぜ親子関係が良好なのか。

 

僕なりに考えてみた。

 

 

 

要素は2つある。

 

 

まず一つ目。

 

それは

 

夫婦の会話がめちゃくちゃ多い。

 

 

これだ。

 

子供がいても、80%くらいの時間は夫婦で喋っている。

 

たまにその話題を子供に振るくらい。

 

子供は僕らの話が聞こえるところで

 

何かしらやっているだけ。

 

 

これ、思春期の子供がいる場合はかなり大事なことで

 

親のベクトルが全て子供に向いてしまうと

 

子供にとっては重い、ウザい

 

って感じになるはずなんだよ。

 

基本的に親のベクトルは夫婦間に向けられていて

 

しかも

 

それが

 

キャッキャ

 

してる。

 

要は、仲良しってこと。

 

 

この姿を見せることは、子供の心の安定に直結するはずなだよ。

 

 

前から書いてるけど

 

親っていうのは子供の命の根源、ルーツだからね。

 

自分のルーツが

 

仲良しで安定してるっていうのは

 

とても大事なこと。

 

 

 

 

   

 

 

 

 

 

 

 

で、二つ目

 

これはちょっと意外かもしれないけど

 

兄弟間の仲が悪いこと

 

 

あくまでも、真島家の場合であり

 

僕個人の考え方ね

 

 

ゲラおとなし子は仲が悪い。

 

 

いつも悪いわけじゃないよ

 

たまにソファーで並んで一緒にオンラインゲームとかやってるし。

 

でも、

 

勉強とかの話になると徹底的に喧嘩になる。

 

 

こういう場合、我が天使な奥様の大岡裁きが入る。

 

僕は「波風立つの嫌だな〜」としか言わない。

 

 

見てるだけ。

 

その中で、奥様の完璧な判定で

 

子供達は何も言えなくなり

 

強制仲直り。

 

 

この二本柱ね。

 

 

 

まあ、結局は我が天使な奥様が凄いってことね。

 

 

僕はいつでもどこでもどんな時でも

 

100%奥様の味方。

 

絶対全肯定。

 

 

家庭の要、お母さんが不平不満を持たずに

 

やりたい放題テキパキコントロールしていれば

 

家庭は円満

 

 

結果的に親子関係も良好なのだ。