川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

親が諦めたら終わり

 

子供が伸びるタイミングは

 

親の気持ちや危機感、

 

入れた環境やかけたお金とは

 

全くリンクしない。

 

子供はその子のタイミングで伸びるのだ。

 

毎年何十人もの生徒と接していると

 

生まれる前に時限装置のようにセットされているのではないか

 

そうも思うくらいなのである。

 

 

このタイミング、親には全く分からない。

 

僕自身、二人の子供を育ててきて

 

全く分からなかった。

 

 

2人とも、やらせればやる。

 

だから学力はそこそこ伸びてはいたが

 

本当の意味での能動スイッチは

 

いつ入ったのか

 

全く分からなかった。

 

(なし子はまだ入っていない…)

 

ゲラおが勉強している姿は

 

たまにカフェなどに一緒に行った時などに見てはいたが

 

それ以外、家ではゲームばかり。

 

つまり、プロの目を通しても

 

「よく分からない」

 

これが現実なのだ。

 

 

今、我が子の学力が伸びない現実を見て

 

「この子は勉強に向いてない」

 

そう判断し、諦め

 

子供を勉強の世界から離してしまう親がいたとしたら

 

それはとても残念なことである。

 

子供は敏感だ。

 

 

親が自分に対して諦めたことなど

 

一瞬で見抜く。

 

 

親の諦めを見抜いた子供は

 

もうその「伸びる可能性」を

 

自ら腐らせてしまうのだ。