川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

「燃えさせる」ことの功罪

 

講師「頑張るぞー!!」

 

生徒達「おおーーー!」

 

講師「絶対に合格するぞーーー!」

 

生徒達「おおおおーーーっ!!!!」

 

 

よくある受験塾の光景である。

 

頭には鉢巻き。

 

握り拳を天高く突き上げ

 

大声を張り上げる。

 

 

あるある、だよね。

 

 

まお、ここまでガチではなくても

 

 

塾側が生徒を燃えさせる場面は

 

数多くある。

 

もちろん、松江塾も

 

である。

 

 

しかし

 

 

この仕事を26間やってきて

 

さらに、自分の子供の大学受験を間近で見て

 

 

思うことがある。

 

 

 

他者が誰かを燃えさせることには

 

功罪がある。

 

 

 

まず「功」について

 

 

これは言うまでもない。

 

 

瞬間的にやる気になり、勉強に没頭する。

 

学力は上がり、

 

目標を突破する。

 

 

だから、多くの塾がこの手法を使う。

 

 

しかし

 

このことが逆に「罪」にもなる。

 

 

それはね

 

高校生になって

 

自分が頑張った記憶が

 

 

「メラメラ燃えている状況」と

 

がっちりくっついていることだ。

 

 

勉強を頑張る=拳を突き上げて叫ぶ

 

 

それだけの気持ち的な勢いがないと勉強に燃えられない

 

 

 

燃え尽き症候群

 

 

と言われることも多いかな。

 

 

 

あのね

 

 

高校生になった時

 

 

大事なのは

 

 

いかに日常的に淡々と勉強を継続できるか

 

 

ここなんだ。

 

 

毎日拳を突き上げられる?

 

 

毎日鉢巻巻く?

 

 

 

毎日先生の熱い言葉が必要?

 

 

 

それじゃダメなんだよ。

 

 

 

淡々と勉強することが習慣化していないと

 

 

 

 

高校で沈む日は近い。