川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

「達成感」を感じる回数を増やす

 

子育てにおいて

 

子供自身がどれだけ「達成感」を感じているか

 

それを、ちゃんと見ているだろうか

 

もしくは、意図的に達成感を感じる状況を作り出せているだろうか

 

さらにさらに

 

それを「言語化」して伝え、子供自身に認識させられているだろうか

 

幼少期においては、

 

部屋のお片付け

 

片付けさせたら、褒める

 

だけじゃなくて

 

「全部できたね!」

 

「一人でできたね!すごいよ!」

 

「綺麗になると気持ちいいね!」

 

それに加えて

 

「その歳でここまで一人で綺麗にできる子はいないよ!」

 

こう声かけを続けることで

 

達成感を感じさせ

 

達成すると気持ちの良いことを分からせ

 

達成すると他の誰かを喜ばせることを感じさせ

 

他の子よりも自分が秀でているというプライドを持たせる

 

片付け一つとっても、これだけいろんな要素があるんだから。

 

 

 

 

勉強やスポーツに没頭できる子を見ていると

 

自己肯定感と達成感というキーワードが見え隠れする。

 

自分自身に自信があり

 

自分の中の「達成感の器」を満たすために没頭できる

 

他と比べて自分が秀でているというプライドを満たすまで頑張り抜ける。

 

 

 

なぜその子達はそういう要素を持っているのか。

 

 

そういうものは、自然発生的なものではない。

 

 

必ず成長過程の中で

 

誰かから植え付けられているはずなんだよ。

 

 

 

 

 

続く