川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

証明される「自学力」

所北に、ギリギリで合格した生徒がいる。

 

本人も

 

保護者も

 

覚悟の受験であった。

 

内申も偏差値も

 

正直、「厳しいかもな…」

 

という状況。

 

しかし

 

1月、2月と

 

その子の自学姿勢は

 

日増しに凄みを増していった。

 

お祭り男が、完全自学男になったのだ。

 

そして、見事に合格。

 

最後の最後、間違いなく上がった。

 

気合いと根性のこもった自学で

 

合格ラインを突破した。

 

 

でもね

 

間違いなく、ギリギリだったはずなんだよ。

 

去年の所北は珍しく倍率が低かったというのも功を奏したのかもしれない。

 

例年の倍率なら、落ちていたのかもしれない。

 

でもね

 

松江塾で身につくのは

 

学力だけじゃない。

 

それを支える「自学力」

 

だからね。

 

土台が強固なんだよ。

 

 

でね

 

その子が昨日、1学期の成績を報告してくれた。

 

 

僕は覚悟をしていた。

 

 

確かに高1になってからも、塾で勉強する姿を見ていた。

 

 

キッチリと没頭して勉強する姿は

 

受験期のそれを思い出させてくれるものではあった。

 

 

しかし

 

サッカー部に入り、日焼けして真っ黒な肌。

 

 

いろいろ考えても、ビリのほうかも…

 

 

しかし

 

やってくれた。

 

 

 

クラス40人中、28位!

 

 

 

 

 

本人は

 

「失敗した…」みたいな顔をしていたが

 

 

マジでギリギリの合格だったんだよ?

 

 

落ちるの覚悟の受験だったんだよ?

 

 

 

それなのに

 

 

 

20番台に食い込んだんだぞ?

 

 

 

最近の松江っ子に一番多いパターンがこれだ。

 

 

 

 

やはり、

 

見せかけの

 

誰かによるサポートで

 

何とか合格する力を身につけるんじゃなくて

 

 

自分の意志と

自分の判断と

自分の行動で

 

 

キッチリと自学ができるようになり、

 

高校でもその環境さえあれば

 

 

どの高校でも這い上がっていけるんだ。

 

 

 

 

受験前の数ヶ月間、徹底的に突き放すのは

 

塾の先生としては「地獄の時間」である。

 

 

塾として、実績は絶対に出さねばならない。

 

 

やれることは全部やって、やり尽くして合格させたい。

 

 

しかし

 

 

僕は彼らと大学受験まで接していくのだ。

 

 

 

今ここで、彼らの

 

「自学力の土台」を強くしてあげないと

 

 

高校入学後に、あっという間に散っていくんだ。

 

 

それだけは避けなければならない。

 

 

 

 

この子には、僕の今の気持ちをそのまま伝えた。

 

 

 

このブログに書いたようなことを。

 

 

 

 

さあ、次だ。

 

 

 

 

次が大事!

 

 

 

RKT

 

大丈夫だ。

 

 

 

お前ならやれる。

 

 

 

 

自分が思っている以上に、

 

 

 

自学力の土台はデカく!強くなってるから。