川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

450点以上!!最多じゃないか?

中1  495点

中3  492点

中3  487点

中2  487点

中1  487点

中2  485点

中2  483点

中3  482点

中1  479点

中1  477点

中3  475点

中3  475点

中3  472点

中1  472点

中2  471点

中2  470点

中1  470点

中2  469点

中1  469点

中2  467点

中3  466点

中3  465点

中1  465点

中1  463点

中3  461点

中3  461点

中2  460点

中1  460点

中1  460点

中3  459点

中2  456点

中3  454点

中2  454点

中3  453点

中2  453点

中3  452点

中2  452点

中3  451点

中1  451点

中3  450点

中2  450点

中1  450点

中1  450点

 

 

現時点で43人が450点超え

 

まだまだ増える♫

 

 

 

 

テスト対策?

 

いたしません!

 

予想問題配布?

 

いたしません!

 

過去問配布?

 

いたしません!

 

 

 

通常授業時に、ひたすら先取り!

 

テスト前は全員が塾に来て自学!

 

オンラインの子もzoomで自学!

 

自学!

 

自学!!

 

自学!!!

 

 

テスト範囲と格闘!

 

教科書やワークと格闘!

 

自分の怠心と格闘!

 

眠気と格闘!!

 

分からない問題と格闘!

 

 

 

 

自分で読んで

 

自分で考えて

 

自分で解いて

 

自分で書いて

 

自分で確認

 

自分で反復

 

 

松江塾では、とにかく「自分で」を追求する。

 

 

なぜ?

 

 

 

 

 

 

 

それができないと、高校で撃沈するから。

 

 

 

 

 

 

あっという間に撃沈するんだから!

 

 

 

 

 

 

中学生!

 

親!

 

 

想像しよう。

 

 

 

どの高校にも、「平均点以下の子達」は

 

 

 

約半数いるんだよ?

 

 

 

 

希望の高校に入ったのに、平均点以下?

 

 

 

 

まさか自分が…

 

うちの子は大丈夫!

 

 

 

 

そう思うよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今のその点数は

 

 

 

誰のおかげで積み上げてるの?

 

 

 

 

 

その現実から目を背けると

 

 

 

 

君は

 

 

あなたの子供は

 

 

 

どこかのタイミングで必ず撃沈する。

 

 

 

 

自分じゃ何もできません

 

自分じゃ何も判断できません

 

 

 

ねぇ

 

何やったらいいの?

 

 

ねぇ

 

やる気の出し方教えてください

 

 

ねぇ

 

勉強のスケジュール立てて?

 

 

 

ねぇ

 

 

教えて?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松江塾で学ぶ子達は大丈夫。

 

 

放ったらかしで

 

バンバン点数をもぎ取ってくる。

 

 

 

 

まだその領域に入れない子達もいるよ?

 

 

 

でも

 

 

 

それでも

 

 

 

いつか必ず花開く。

 

 

 

だって、

 

 

松江塾にいる限り、

 

 

どんな子だって10時間、机に向かうことができるようになるんだから。

 

 

 

勉強筋力は絶対に身についてるよ。

 

 

 

 

あとは「明確な目標」という一滴が

 

 

 

頭の上に「ポチャン」と落ちてくるのを待つだけ。

 

 

 

 

いつ落ちてくる?

 

 

 

待てないんですが…

 

 

 

んー

 

 

それは個人差。

 

 

 

 

でも、僕は諦めない。

 

 

 

1日でも早く「ポチャン」のタイミングが早くなるように

 

 

 

今日も明日も明後日も

 

 

言葉にして伝えるよ。

 

 

 

 

「川高?簡単に行けるよ。君が本気で行こうと思えばね。」

 

 

 

 

そして

 

 

忘れちゃいけない

 

 

 

 

「手を出したら子供が弱くなる」

 

ということを。