川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

何で僕は僕で、まーちゃんじゃないのか。

子供の頃

 

まーちゃんという友達がいた。

 

まーちゃんのお母さんは、とても甘い麦茶を作る人だった。

 

僕はまーちゃんの家に遊びにいくと

 

その麦茶を心待ちにしていた。

 

ジュースなんて滅多に買ってもらえなかったから

 

その甘い麦茶は何よりの楽しみだったのである。

 

 

 

 

 

その甘い麦茶を飲んだ夜は

 

決まって同じことを考えた。

 

なんで僕の意識は僕の身体にくっついていて

 

まーちゃんの体にくっついていないのか。

 

一体、これはいつ誰によって決められたのか。

 

僕を僕と感じて、その意識で動かす身体はどうしてこの身体なんだろうか。

 

まーちゃんは今頃、まーちゃんの意識でまーちゃんの身体を動かしているんだろうな。

 

もし僕の意識をまーちゃんの身体にくっつけることができたら

 

僕は毎日あの甘い麦茶を飲めるのに。

 

 

小3?

 

小4?

 

たしかそれくらいだったかな。