川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

文が読み取れない、ということは

もしかしたら、語彙力がないのかもしれないね。

 

もしかしたら、読み飛ばしたのかもしれないね。

 

もしかしたら、他のことを考えながら読んでいたのかもしれないね。

 

もしかしたら、文を「見ていた」だけかもしれないね。

 

理由はたくさんあるかもしれないが

 

文章に書いてある内容がしっかりと読み取れないということは

 

目が悪い人が眼鏡をかけずに外の景色を眺めている

 

そんな感じなんだよね。

 

友達と二人でグラウンドを見ている。

 

サッカー部や野球部、陸上部の子たちが練習している。

 

それを眺めながら友達が言うんだよ。

 

「あ、〇〇君、髪切ったんだね」

 

「○○さんが転んだ!!」

 

そういう言葉に対し、風景がぼやけているとしたら

 

それはとても残念だよね。

 

同じ風景を見ているのに

 

自分だけはぼやけて見える

 

こんな悔しいことある?

 

こんな楽しくないことある?

 

いいかい?

 

文章が読めない、ということは

 

そういうことなんだよ。

 

じゃあ、どうすればいい?

 

眼鏡をかけるっていうのもあるけど

 

それはあくまでも現実の世界の話。

 

文章を読む世界では

 

「目を細めてじーっと見る」

 

これでいいんだよ。

 

首は自然と前に出て、視線も動かないよね?

 

その集中

 

それを文章に

 

それを語句に

 

向けるんだよ。

 

そしたら

 

文章の中の内容

 

その輪郭がはっきりとしてくる感じがするよ。

 

それが

 

「読めるようになってきた」

 

ってことだからね。