川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

同志よ!どうかしたのか?

今朝もいつものように

 

なし子を後部座席にどっしりと乗せ

 

助手席に天使な奥様をちょこんと乗せ

 

僕は駅に向かった。

 

大体同じ時間に同じ道を走る

 

ピンクの軽自動車

 

初老の男性が30歳前後の娘を駅まで送る車である。

 

今日も僕の2台前を走っていた。

 

「お、今日は負けたかー」

 

そう心の中で軽く認識し

 

快適に車を走らせた。

 

車の中では、なし子と奥様が

 

お小遣いの金額について

 

あーだこーだと

 

話し合っている。

 

そこに関しては僕に決定権はないので

 

BGMのように聞き流しながら。

 

 

ピンクの軽自動車は、いつもの道を左に曲がった。

 

まあ、いつも通り。

 

 

そして、

 

僕の前を走る2台はそのまま直進。

 

 

「お、後ろについた♫」

 

なんだろうか

 

いつも間にか、僕の中では

 

同志

 

のような感覚を抱くようになっている笑

 

 

後部座席からワンレンの黒髪をなびかせて

 

電車が来るギリギリまで車から降りない娘

 

30歳(推測)

 

OL(推測)

 

ぽっちゃり(目測)

 

わがまま(推測)

 

 

 

その娘を毎朝駅まで送る父

 

おそらく数年後の僕の姿が

 

あのピンクの軽自動車の中にある。

 

 

 

ん?

 

 

っていうか

 

 

まさか、あの車の色は

 

あのぽっちゃりOLの好みなのでは?

 

 

自分の送迎車を

 

自分好みの色にしたのか?

 

 

ぬぬー

 

 

なんたることか…。

 

 

まあ、いいか

 

 

そんなことを考えながら、

 

ピンクの軽自動車の後を走る。

 

 

 

車内では、まだお小遣い攻防戦が継続中。

 

 

 

ピンクの軽自動車、一時停止。

 

左右を確認

 

 

する

 

 

お父さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

??

 

 

 

んんん!!!????

 

 

 

 

 

 

お父さんじゃない!お母さんだっ!!!

 

 

左右を確認する運転席の人物

 

 

 

おかっぱ頭だ!!

 

 

 

おばさんだっ!!!!

 

 

 

 

車のナンバーは、確かにピンクの軽自動車

 

 

 

間違ってはいない。

 

 

 

後部左座席には

 

 

 

鎮座するぽっちゃりOLの後ろ姿もある

 

 

 

 

おおお

 

 

 

 

どうした、同志よ。

 

 

 

 

体調でも崩したか?

 

 

 

 

 

 

娘の送迎は

 

 

 

 

1日の始まりの儀式じゃないのか?

 

 

 

 

 

父として

 

 

 

メンドくさい態度を出しながらも

 

 

 

 

実は

 

 

 

ウキウキワクワクの

 

 

 

娘との楽しい時間じゃないのか?

 

 

 

 

そ、それを奥さんに任せるなんて…

 

 

 

 

心配すぎる

 

 

 

 

大丈夫かな…

 

 

 

 

明日は土曜日

 

 

 

僕の送迎はお休みである。

 

 

 

 

大丈夫かな

 

 

 

 

月曜日、待ってるぞっ!!

 

 

 

同志よ!!