川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

現役進学率を考慮すると?

先ほどの記事に書いたデータは

 

現役と浪人の合算である。

 

大学進学、やはり「現役」で行くのが望ましい。

 

そこで、各高校のここ数年の現役進学率を書いてみる。

 

具体的には

 

2016

2017

2018

 

の3年間分ね。

 

少し古いけど、そんなに大きくは変わらないだろう。

 

単年ではなく平均値だしね。

 

さて

 

浦和  38%

一女  72%

大宮  70%

市浦  84%

浦西  82%

川越  55%

川女  86%

所北  84%

和国  85%

大開  86%

川東  71%

栄東  69%

ヶ丘  81%

淑与  94%

城川  71%

城玉  52%

文理  71%

星野  87%

 

浦高のブッチギリ具合がウケる笑

 

さて、この現役進学率を

 

先ほどの

 

上理GMARCHの合格者数にかけてみる。

 

重複合格者も全て含まれているため、

 

何の正確さもない数値だが

 

それでも、それをランキング化することで

 

「どの高校が強いのか」

 

を見ることはできるはずだ。

 

在籍人数を360人に合わせてるから

 

実はかなり見応えのある貴重なデータだと思っている。

 

 

では

 

 

市浦  355人

大宮  350人

大開  335人

一女  297人

栄東  255人

淑与  245人

川越  240人

川女  240人

川東  218

所北  199人

浦和  191人

和国  109人

ヶ丘  89人

文理  89人

浦西  85人

城川  68人

城玉  66人

星野  32人

 

 

ふむ

 

ふむふむ

 

 

こうやって見てみると

 

受験校決定の「何か」が変わってくるよね。