川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

公立高校比較

松江塾近隣の公立トップ高

 

そのレベルの高校をターゲットにするということは、

 

当然ながらその先の「大学進学」を中心に考えているということだろう。

 

幼少期から勉強が得意な子達だから

 

東大?

 

京大?

 

早稲田?

 

慶應

 

そういう大学を想定していることだろう。

 

そこで、今回は

 

国内最難関の大学群である

 

東京一工への現役進学

 

これで比較をしてみたい。

 

東京一工とは

 

東京大学

京都大学

一橋大学

東京工業大学

 

この4大学のことである。

 

 

ちなみに、この4大学に在籍している学生は

 

日本の全大学生の

 

上位1.4%

 

である。

 

 

 

では

 

 

浦和高校

 

東京大学  15人

京都大学  1人

一橋大学  7人

東京工業大学  5人

 

合計  28人

 

東京一工への現役進学進学率  7.8%

 

 

大宮高校

 

東京大学  8人

京都大学  4人

一橋大学  6人

東京工業大学  13人

 

合計  31人

 

東京一工への現役進学率  8.6%

 

 

浦和第一女子高校

 

東京大学  2人

京都大学  0人

一橋大学  5人

東京工業大学  0人

 

合計  7人

 

東京一工への現役進学率  1.75%

 

 

市立浦和高校

 

東京大学  1人

京都大学  0人

一橋大学  4人

東京工業大学  0人

 

合計  5人

 

東京一工への現役進学率  1.6%

 

 

 

川越高校

 

東京大学  4人

京都大学  0人

一橋大学  5人

東京工業大学  3人

 

合計  12人

 

東京一工への現役進学率  3.3%

 

 

川越女子高

 

東京大学  0人

京都大学  0人

一橋大学  1人

東京工業大学  0人

 

合計  1人

 

東京一工への現役進学率  0.3%

 

 

 

進学率の高い順に並べてみよう

 

 

大宮高校  8.6%

浦和高校  7.8%

川越高校  3.3%

浦和一女  1.75%

市立浦和  1.6%

川越女子  0.3%

 

 

当たり前の話だが

 

狭き門

 

である。

 

 

忘れてはならないのが

 

結果的に東京一工に現役で進学する子達は

 

高校受験をゴールだとは

 

全く考えていない

 

ということだ。

 

 

単なる通過点

 

 

どこまで本気でそう思えるか

 

 

それが大事。