川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

子供から思考力を奪う方法

僕は料理ができない。

 

家事も苦手。

 

たぶん、多くの男性ができる家庭内のことにおいて

 

かなりのレベルでできない。

 

まあ、できない笑

 

でもね

 

奥様の体調が悪い期間が長くなると

 

なんだかんだとやらなければならない状況になる。

 

だから、やる。

 

色々と奥様からアドバイスをもらいながら。

 

この3ヶ月間は、我が奥様は起きているよりも横になっている時間が長い。

 

僕が完全テレワークにシフトしているのも

 

実はそういった事情もあるのだ。

 

 

さてさて

 

この期間、僕は奥様の指示を受けながら

 

家事をやってきた。

 

その中で、あることに気がついた。

 

 

自分の意志でやろうと思ったことに関して

 

「ダメ出し」や「修正指摘」を受けると

 

その瞬間に、思考停止になるということを。

 

 

自分では「よかれ」と思ってやっているのだが

 

「そうじゃないよ」

 

「こうやるんだよ」

 

そう言われると

 

もう自分で考えることをやめてしまう自分がいた。

 

 

その中で、多少の「イラッ」とすることもあれば、尚更である。

 

おそらく目の焦点は定まらず、

 

言われたことを言われたようにやるだけ。

 

 

もちろん、家事が苦手だという自覚もあるし

 

奥様の指示通りに動いていれば間違いがないのだから

 

そこに不満はない。

 

 

しかし

 

思考停止になることは間違いないのだ。

 

 

 

 

これは、生徒の学習指導にも

 

全く同じことが言えるよね。

 

 

松江塾が自学というものに重きを置くようになって

 

生徒の学習に関して口も手も出すことをやめた途端、

 

生徒たちの学力はニョキニョキと伸びていった。

 

 

そこには、このことが大きく関係しているのだろうね。

 

 

 

正しい勉強法

 

効率の良い学習方法

 

 

きっと、そういうものは

 

 

僕らが指摘をする前の段階では、

 

生徒なりに考えているんだろうね。

 

 

それこそ「よかれ」と思って。

 

 

でも、僕らからすると

 

「それだと点は伸びない」

 

「効率が悪い」

 

と思えてしまう。

 

 

だから僕らも「よかれ」と思って口を出す。

 

 

その結果、生徒は思考停止に陥り

 

ただの「操り人形」になる。

 

 

 

ああ、

 

 

そういうことだったのか。

 

 

 

とても大事なことを、この身をもって学んだわ。