川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

塾についていくしかないではないか

5月の学校からの課題情報が

 

ちらほらと入ってくる。

 

その大部分が

 

前学年の復習

 

であることに

 

強烈な危機感を感じる。

 

学校再開は、早くても6月なのである。

 

本来なら、中間テストが終わっている時期だ。

 

そして、数週間後にせまる期末テストに向けて

 

学校行事の隙間にガンガン授業が進む時期なのだ。

 

それなのに

 

前学年の復習をコツコツと…。

 

いや、それはそれで意味のないことではないよ。

 

でもね

 

特に受験学年の子たち

 

6月に再開したとして

 

7ヶ月後には年をまたぐ。

 

公立入試までは

 

9ヶ月だ。

 

松江塾の子達は

 

絶対に大丈夫。

 

すでに入試に向けた模擬テストも2回目を終え

 

今のところ、平均偏差値は

 

70

 

に迫ろうとしているから。

 

 

おそらくほとんどの中3達が

 

これまで在籍している塾の方針に従って

 

勉強しているとは思うのだが

 

その差はデカいよ。

 

その塾がどういう方針で、どこにゴールを設定しているかによって

 

この数ヶ月で生じる差は

 

その子の今後の人生を

 

もしかしたら大きく変えてしまう可能性だってあるよ。

 

これまで描いていたものが

 

大きく変わっていく可能性ね。

 

 

 

 

中3松江っ子は

 

大丈夫。

 

 

 

ここからが超絶忙しくなるよ。

 

 

月末の中間テストの勉強はしなくちゃいけないし

 

でも、入試模擬もこれまでと同じペースでやっていくし。

 

 

一日6時間の強制オンライン自習室じゃ

 

足りないかもね。

 

 

っていうか

 

8時間以上やっている子も増えてきてるけどね。