川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

大学受験の現実

息子の幼馴染達の進路が分かってきた。

 

と同時に

 

「高校受験って、一体なんなんだろう」

 

という思いが強くなった。

 

浦高ではないが、公立トップ校に進学した子達

 

入学後、300番台に低迷し

 

その子達の親も「言ってもやらなくてね」なんて

 

半分諦めたような雰囲気だった。

 

そして

 

全落ちで浪人決定。

 

頑張ったのかどうなのかは分からないが

 

まあ、もう1年頑張るってこと。

 

別に浪人することは、悪いことでも何でもないよ?

 

ゲラおだって、絶対に浪人するって思ってたし。

 

ただ、高校に入って頑張れなかったのは

 

ある程度、事実である。

 

そして一方で

 

市立川越に進学した幼馴染3人。

 

幼稚園からの幼馴染は

 

青山学院、法政大に合格

 

幼稚園から同じサッカーチームだった子は

 

明治薬科、東洋に合格

 

中学時代、一番仲良しだった子は

 

東洋に合格

 

最後の子は、僕ら夫婦がよく行くカフェで

 

いつも黙々と勉強していた。

 

高校進学の時点では

 

偏差値の差は

 

15

 

くらいだろうか。

 

 

 

 

 

高校選びって

 

その後の進路にとって、もの凄く大事。

 

それは間違いない。

 

 

でも

 

それ以上に大事なことがあるよね?

 

 

 

目標持って、ちゃんと頑張って勉強すること。

 

 

 

これ以上に大事なことって、ある?

 

 

 

入った高校によって

 

大学入試の時に「加点」されるなんてことは

 

ないんだから。