川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

さてさて

先日、エイメイの会議を生で見させてもらい

 

昨日、エイメイの先生達が見に来てくれた。

 

もともと松江塾は見学に来てくれる人が多いのだが、

 

僕らの生の授業を見てもらうことは

 

極端に少ない。

 

なぜだか分かる?

 

えーっとね

 

塾の先生、特に松江塾に興味を持ってくれる塾の先生って

 

大体が「尖りまくってる塾」の先生なんだ。

 

なんで尖ってるかと言うと

 

「突き抜けた成績」を出してるわけね。

 

そうすると、定期テスト前は

 

「ガッツリ自学」になるパターンが多い。

 

つまり、授業をしない期間ができる。

 

よし!松江塾を見に行こう!!

 

となる。

 

その時期は、松江塾もテスト前

 

つまり、「爆裂」の期間ってこと。

 

だから塾見学をする先生達は

 

静々と

 

黙々と

 

淡々と

 

自学に打ち込む松江っ子達の姿を後ろからチロリと見ることになるわけ。

 

松江っ子達は

 

その存在にも気づかないかもね。

 

でもね、

 

結構たくさん見に来てくれてるからね笑

 

でも、昨日はエイメイの先生達

 

社長や幹部の人たちだったから

 

このタイミングでも動ける人達なんだと思う。

 

だから松江塾の「生の授業」をお見せできた。

 

んー

 

マックスで4人

 

教室の後ろで見てくれた。

 

何を感じてくれたか

 

それは僕には分からない。

 

いつも通りの授業をするだけだからさ。

 

 

でもね

 

エイメイの先生が松江塾を見にくる

 

これ、昨日最後に書いたんだけど

 

僕にとっては

 

死ぬほどデカい衝撃

 

だったんだよ。

 

もう十数年も前

 

ブログを書き始めて数年の頃

 

僕は授業をしてないときは

 

パソコンでブログ書いてるか、とある塾のホームページを見ているかのどっちかだった。

 

その塾が

 

穎明学院進学スクール

 

みずほ台の西口に

 

ドドンと存在する塾

 

そのホームページを最初に見たときの衝撃

 

今でも覚えている。

 

全ページ、全文字

 

多分ほぼ完コピだったはず。

 

画面にめり込むように隅から隅まで見た。

 

その「イズム」の末端の先まで

 

憧れと悔しさ

 

その2つが入り混じった感情

 

分かるかなー

 

すげーなー、なんだよこの塾

 

いいなー、悔しいなー

 

何だろなー

 

どうやったらこんな実際出るんだろ

 

 

 

そう思ってテンション上げて

 

で、ブログ書いて

 

授業をする。

 

一歩でも1ミリでも近づきたい。

 

あんな塾にしてみたい

 

その想いだけだった。

 

授業が終わっても

 

その気持ちが消えない。

 

だから

 

みずほ台に車を走らせる。

 

当然、もうそこに生徒はいない。

 

教室の電気はついてる。

 

車の中から見続け

 

想像する。

 

あの中で、いったいどれだけの熱い授業が行われていたのか。

 

その熱量を想像した。

 

何回行ったかな

 

いや、何十回か笑

 

その穎明学院進学スクール

 

その先生達が

 

爆裂LINEグループに入ってきて、

 

それだけでもひっくり返るくらいの衝撃だったのに

 

ついに松江塾を見学に来てくれるとは。

 

分かるかなー

 

十数年前の僕に

 

教えてあげたい。

 

よし、時間を超えて教えてあげよう。

 

 

 

おい、真島君よ。いいよ、そのまま突き進め。周りの塾にウザがられもネットで叩かれようと気にするな。お前の前には松江っ子しかいないんだ。その子達だけを見て、その子達だけのことを考えて、信じる道を進んでいいんだ。そしたらね、きっとそのうちビックリすることが起きるから。え?何が起きるかって?いやいや、それは言わないでおくよ。頑張ってエイメイのホームページ見てさ、あ、穎明学院進学スクールか笑。毎日見て、テンション上げて頑張ってごらん。