川高川女合格専門! 爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

お悩み相談④

このグループでのお話本当に濃密な内容できょうみ深く拝読させて頂いています。

通学時間の問題で片道埼玉県某U高校2時間弱、K高校1時間弱で悩み結果としてK高校に進学しました。(言い方はよくないかも知れませんがどちらにも余裕をもって合格できる偏差値、当日点でした。このグループに参加している先生方のように熱い個人塾の先生の薦めでした。)
今の高校でも不満もなくそれなりの成績を修めることはできているのですが時々、浦和高校に言っていたら、今よりも良い環境で学力もついていたのかなと後悔してしまうこともあります。国立最難関大志望なので。勿論、目先の実績だけに囚われない進路指導をしてくださった塾の先生に感謝はしています。
皆様なら、大学を目標としたとき、このような状況の場合、どちらの高校を薦められるでしょうか?
自分自身この選択で良かったのか少しわからなくなってきてしまいました。最後に長文、駄文をお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

この質問に関しては、

 

浦和高校でも余裕

東大等の難関国公立への進学希望

 

これを全体として書きます。

 

北辰偏差値なら「73」を下回ることはまずない、というレベル向けです。

 

ギリギリで浦和!というレベルの人向けではありません。

 

 

 

ゲラおが浦和高校に通って3年弱

 

 

まず思うのが

 

 

「自分は浦高生なんだ!」

 

というプライドは形成されたように思います。

 

高1の頃は通学時間が長く、自転車で行ける川高への未練も口にしていましたが

 

いつの頃からだったか、

 

「自分の子供も浦高に通わせたいから、自分はさいたま市に家を買う」

 

と言うようになりました笑

 

 

いろいろ聞くと、

 

やはり大きいのは、周りの友達の意識レベルが当たり前に高い、ということが最大の要因です。

 

数学の実力テストで構内下位の子でも、国語が得意!であれば

 

平気で「一橋だなー。数学さえなんとかすれば行けるっしょ!」

 

などと口にするようです。そして、それを実現しようと本気で頑張るんです。

 

そういう環境が、「自分も行けるっしょ!」と自然に思わせてくれるそうです。

 

 

 

川高ももちろんそういう雰囲気はあると思いますが、「割合」と「純度」が違うように思います。

 

我が家もぶっちゃけ、迷いました。

 

僕は浦和一択!

 

奥様は川高一択!

 

ゲラおは「どっちでもいいんじゃね?」

 

という状態が長く続きました。

 

 

我が家の場合、浦高へは1時間弱、川高へは自転車なら30分弱、といった感じです。

 

 

もし、相談者の方のお住まいだとしても

 

今なら浦和高校を選択すると思います。

 

 

ただし、部活は運動部には入らないこと、が必要です。

 

しかも、2時間弱でもいいかな、と思うのは、高3になった今だからかもしれない、ということも伝えておきます。

 

 

 

 

最後に

 

どちらの高校に進学したとしても

 

難関国立大は「自分自身の努力」が

 

最も必要です。

 

ゲラおも

 

「現役の時は一橋しか受けないが、浪人の時は早慶受けて東大受ける」

 

と口にしています。

 

はい

 

浪人前提です笑

 

「浪人生活はシンドいよ〜?」

 

という奥様の言葉にも

 

「別に勉強は嫌いじゃないから浪人は苦じゃない」

 

と言います。

 

 

おそらく、難関大に進学するのは

 

そういう思考傾向やメンタリティが

 

 

一番大事なんじゃないでしょうか。

 

 

参考になれば嬉しいです。

 

 

まだ何かあれば、メールください。

 

 

majimania55@i.Softbank.jp