川高川女合格専門! 爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

10年前の僕と松江塾

ふとしたことから、過去に楽天で書いていた自分のブログを読み返すことになった。

 

恥ずかしいような

 

懐かしいような

 

成長してなかったらどうしよう

 

昔の方が良かったらどうしよう

 

そんな思いで「ぽちぽち」と…

 

 

ダメだ

 

 

切なくなるほどに

 

 

そこには

 

 

真島剛太郎

 

 

がいた笑

 

 

 

昨日書いたんじゃないかって文体

 

 

思考パターンも全く同じ

 

 

 

嘘でしょ?

 

 

 

これはしばらく楽しめそうだ。

 

 

 

さて、10年前の記事、コピペしてみるよ。

 

 

2009年10月24日の記事の1つだ。

 

 

僕は35歳

 

奥様は31歳

 

ゲラおは8歳

 

なし子は6歳

 

まだ我が家に犬はいない。

 

 

 

さあ、

 

 

 

一緒に10年という時間を遡ってみよー!!

 

 

 

 

 

 

ヒューん

 

 

 

 

↓  ↓

 

 

 

 

ビューーーン

 

 

 

 

↓  ↓  ↓

 

 

 

ヒュュューーーーン

 

 

 

 

 

 

「この松江塾に通っていて、定期テスト300点以下などありえない。(たしかにたしかに。それは今も同じ)

 

中1に3人(ほう、誰だ?あとで調べてやる)

 

中2に5人。(なぜここに句点打った?)

 

この8人を徹底的に鍛え上げ、何が何でも300点を超えさせる。(うん、いいぞ、いい意気込みだ!行ったれ!35歳の俺!)

 

やれることは全部やる。(当たり前だ)

 

まず最初は

「帰宅後復習電話」

である。(うっ、ネーミングのダサさ)

 

生徒は帰宅したら、即座に僕の携帯に電話をする。

その日に学んだことを

僕と一対一で口頭復習をしていく。

授業とテストで週3日塾に来るわけだから、

週3日、僕と口頭で復習を必ずやるわけだ。

家に帰ったら勉強のことなど全く考えたことなどなかった彼ら。

無理やり脳みそを動かしてあげるのだ♪

(いやー、失敗する予感しかしないぞ。てか、絶対に長続きしないだろー)


今度もどんどん新たな作戦を始動する。(ん?自分で電話作戦の終わりを予感してる?)

 


松江塾から「200点台」を消滅させるために!(35歳の俺!10年後も200点台の子はいるぞ!負けんな!)」

 

 

 

 

↓   

 

 

 

びゅーん

 

 

 

 

↓  ↓    

 

 

 

 

ヒューーーん!

 

 

 

 

 

ほいっ!

 

 

戻ってきた!

 

 

 

 

なるほどー

 

 

 

 

10年前の今日、僕はそんなこと考えてたのかー

 

 

 

 

鋭いツッコミを(    )書きしてきた笑

 

 

 

 

当時の僕は

 

 

 

10年後の自分にそんなツッコミを入れられるとは

 

 

 

全く考えていなかったな違いない!

 

 

 

 

はー

 

 

 

面白かったー

 

 

 

 

またタイムスリップ記事、書いてみたーい