川高川女合格専門! 爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

「平均点」に埋もれていく子たちを

やったぜ!うちら、平均点高いぜ!

 

平均90点の塾だぜ!

 

という2つの塾がある。

 

A塾とB塾が。

 

共に生徒数は5人。

 

A塾の生徒の点数は

 

90点

90点

90点

90点

90点

 

かたやB塾の生徒の点数は

 

100点

100点

100点

100点

50点

 

 

平均点は同じ「90点」である。

 

さあ、あなたがどちらかの塾の経営者になるとしたら

 

どっちがいい?

 

 

どっちがこの先、勝っていける塾だ?

 

 

どっちの塾な指導力の高さを感じる?

 

 

これは爆裂個人塾長会議でも紛糾する話題である。

 

どんな子でも9割取らせる指導環境

 

多くの子に満点を取らせるが、一部取り残される子が出てしまう指導環境

 

 

簡略化するために極端な数字を使ってるけど

 

言ってることは分かるよね?

 

 

今、松江塾はB塾に近い。

 

 

というか、全国の「凄い実績の塾」は、

 

ほぼ例外なくB塾に近い。

 

 

逆に、A塾を理想として運営されている塾は

 

全員が9割、というのは達成できていない。

 

学校に近い平均点にズルズルと下がっていく。

 

それほどまでに、「全員を同じように引き上げる」

 

というのは難しいのだ。

 

でもね

 

僕は諦めたくない。

 

諦められない。

 

 

その「50点の子達」を。

 

 

 

だってさ、松江塾にもいる「50点の子達」

 

みんな、いい子なんだよ

 

そして、

 

頑張るんだよ。

 

 

その子達なりに、ね。

 

 

そして、そのお父さん、お母さん達も

 

みんな必死なんだよ。

 

 

ただ、ほんの少し「欲」とか「焦り」とかが

 

勉強する

 

授業を聞く

 

反復する

 

やり遂げる

 

という行動に繋がりきれてない。

 

ただ、それだけなんだよ。

 

 

そこを、どう突破するか。

 

 

中にはね、

 

 

そういう子達をスパッと最初から切ってしまう塾もある。

 

 

それは、もっともっと高みを目指す塾

 

 

全員が東大や医学部をめざす「鉄緑会」なんて、分かりやすい例だよね。

 

 

そもそも特定された高校の生徒しか入れないんだから(一部例外もある)。

 

 

松江塾にも入塾テストはあるけど、「よほどの場合」以外は入れるわけだしさ。

 

 

入ってくれた子達

 

 

1人残らず引き上げたい。

 

 

そりゃそうだよ。

 

 

 

僕の目の前にいて、僕の授業を受けてるんだから。

 

 

毎回毎回、テスト結果の報告を受ける時は

 

 

マジで「祈る」気持ちだから。

 

 

その子が僕の方へ歩いてくる。

 

 

こい!

 

 

前回よりも上がった点、こいっ!!

 

 

そう願いながら手帳を開くんだ。

 

 

なんとかして

 

 

なんとかして

 

 

そういう子達を引き上げたい

 

 

いや、ダメだ。

 

 

それじゃあ、その子達が高校生になった時

 

 

今よりもっと下位に沈む。

 

 

自分で自分を引き上げる子にしていきたい。

 

 

 

今の高校生達を見てみろ

 

 

 

どのレベルの高校に行っても

 

 

ちゃんとテスト前になれば塾に来て勉強してるしてるじゃないか

 

 

誰に言われなくても。

 

 

そこがゴール

 

 

間違うなよ、真島。

 

 

手を出しちゃダメだ

 

 

 

その手を握って引き上げたら、

 

 

その子は二度と自分の力で這い上がろうとしなくなる。

 

 

 

そうやって、散々その子たちの可能性を潰してきたじゃないか。

 

 

 

だめた

 

 

手を引っ張っちゃダメ。

 

 

這い上がろうとする気持ちを育てろ

 

 

這い上がろうとする環境を作れ

 

 

空気を作れ

 

 

 

間違うなよ

 

 

 

なぜ高校部を無料にしたのか

 

 

 

あの時の

 

 

あの子の姿を

 

 

 

忘れるな。