川高川女合格専門! 爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

僕の眼球をめり込ませた塾

あれは何年前だったかな

 

松江塾がまだ小さな小さな

 

本当に小さな塾だった頃

 

松江っ子達の平均点なんて、学校の平均点と同じくらいで

 

平均偏差値なんて、50超えを夢見てた頃

 

とにかく、何とかしなくちゃ

 

それだけを考えていた頃

 

息子が生まれた。

 

その産院の近くに、その塾はあった。

 

なんだろ

 

見た瞬間

 

身体がフワフワした。

 

時間とか空間とか

 

そういうものから身体が引き離された

 

そんな感覚

 

今でも覚えてる

 

当時はまだガラケー

 

携帯からホームページとか見れなかったように思う。

 

帰宅して、すぐにパソコンでその塾のホームページを開いてみた。

 

「あー」

 

「あー」

 

「あーーーーー!!!!」

 

それしか言えない感覚。

 

分かるかな

 

そんな感覚。

 

それからは

 

気持ち悪いくらい毎日ホームページを見た。

 

読んだ

 

見つめた

 

眼球がめり込むくらいに。

 

いや、実際めり込んでたんじゃなかろうか。

 

 

自分の目指すべき塾

 

その全てが1ミリもズレないで

 

そこにあった。

 

 

そして

 

これまでの自分

 

一生懸命走っていると思っていたのは

 

単なるジョギングだったんだと

 

知った。

 

 

 

違うな

 

こんなんじゃ、

 

松江っ子は

 

光り、輝かない。

 

 

 

ダッシュだ。

 

ダッシュ

 

 

そうしないと

 

あの塾に追いつけない。

 

 

あの日から

 

18年

 

 

僕はなりふり構わず走ってきた。

 

 

ブログ始めて

 

みんなと戦って

 

みんなに嫌われて

 

共感してくれる人も遠ざけて

 

巨大掲示板で叩かれまくって

 

 

 

 

それでも

 

松江っ子だけを見て

 

松江っ子のことだけ考えて

 

自分なりのダッシュ

 

し続けてきた。

 

 

そしたら

 

松江塾はちょっとずつ大きくなって

 

ちょっとずつ知られていって

 

そんな塾の成長スピードを

 

はるかに超えて松江っ子達が伸びていって

 

 

 

初めての学年1位

 

初めての川越合格

 

初めての川越女子合格

 

初めての浦和合格

 

初めての大宮合格

 

初めての東大合格

 

2人目の東大合格

 

初めての医学部合格

 

 

 

気がついたら

 

なんだか、ちょっと有名になってた。

 

 

でもね

 

 

あの時のあの塾

 

 

今でも僕の憧れの塾だ。

 

 

憧れたら勝てない

 

 

そうブログでも書いてきた。

 

 

だから

 

今でも勝ててない。

 

 

その塾は

 

当時はたった1店舗。

 

でも今は…

 

 

 

 

勝てないよ。

 

 

勝てるわけがない。

 

 

だって

 

 

憧れてんだから笑

 

 

 

今、A館のドアのところに

 

「松江塾」

 

って貼ってあるのを

 

塾生なら知ってるよね?

 

 

全然目立たないけどね。

 

 

そこに書いてある

 

 

 

「並みの塾ではございません」

 

 

 

あれは

 

 

当時、あの塾からパクったんだ笑

 

 

 

今でも

 

 

剥がさないのは

 

 

 

あの時の

 

 

あの気持ちを

 

 

忘れないため。

 

 

 

追いついてやる

 

真の「並みじゃない塾」にしてやるんだ。

 

 

 

そう心に決めた

 

 

 

あの日の自分を。