川高川女合格専門! 爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

そういう付加価値もあり

我が奥様の知り合いのお子さんが

 

とある個別指導塾に通い始めたそうだ。

 

これまで、全く勉強することのない子のようで

 

成績もほぼ学年最下位。

 

小学校の勉強にも怪しい箇所が何個もあって

 

お母さんとしてはお手上げ状態。

 

で、知り合いの口コミで個別指導塾に入塾。

 

すると

 

嬉々として通うようになったという。

 

 

お母さんとしては、成績が上がろうが上がるまいが

 

どちらでもいい、と。

 

これまで自分に一人で背負ってきた我が子の学力というものを

 

誰かに少しだけ担いでもらえるだけでありがたいそうだ。

 

そして何よりその個別指導塾

 

生徒が勉強したり講師と談笑している風景を写真に撮り

 

保護者が見れるようになっているのだとか。

 

これまで、勉強と名のつくものからは徹底的に逃げ続けてきた子が

 

勉強をする空間で笑顔で写真に写っている。

 

もう、それが大感激なのだそうだ。

 

講師はとにかく「楽しい時間が過ごせる」ことに徹底してくれ、

 

本人がやる気がないときは

 

勉強は全くせずに、とにかく楽しく会話する!

 

勉強はしなくても、勉強をする場にいるだけで

 

多少なりとも勉強になる!

 

そういう方針らしい。

 

この話を聞いて

 

僕は「それも1つの塾運営方針だな」と感じた。

 

塾として、学力向上を前面には出さない

 

とにかく楽しく!

 

とにかく笑顔に!

 

日本で一番子供が「笑顔」になる塾!

 

松江塾とは対極にある環境かもしれないが

 

なんでも「尖る」ということは大事だからね。

 

 

え?

 

 

松江塾?

 

 

 

 

どんな付加価値があるんだろうね。

 

 

それは一人一人感じるところは違うだろうね。

 

 

外部の方からすれば

 

 

極悪な顔した塾長が

 

竹刀を持って怒鳴り散らし

 

生徒は重ーい足枷付けられて、

 

死んだ魚みたいな目をしながら

 

やつれた顔で無理やり勉強させられてる

 

 

そんなイメージ持つかもね。

 

 

 

 

そのイメージ

 

 

どうなのかは

 

 

松江っ子や松江保護者に聞いてね。

 

 

 

 

多分、イメージ通りだよ笑